原付バイクの雨の日の通勤。辛さを軽減するおすすめの服装。

生活費節約

今回は原付バイク通勤歴20年以上の私がおすすめする、原付バイクの雨の日の通勤対策。

辛さを軽減するおすすめの服装を紹介します。

20年間、毎日往復50㎞を通勤してきた結論を紹介します。

 

原付バイク通勤や通学は時間や交通費の節約にとても有効ですが、雨の日が非常に辛いです。

帰りならまだしも、朝の通勤時に悲惨な目に遭うと、その日の仕事のパフォーマンスは著しく低下してしまいます。

 

原付バイクの雨の日の服装の結論は、

  • 手はハンドルカバーやナックルガードを付ける。
    もしくはレイングローブのみで我慢する。
  • レインウェアはポリエステル素材の物を使用する。
  • 足元は防水シューズ、もしくはブーツカバーを着用する。
  • 頭はフルフェイス、もしくはジェットヘルを使用する。

原付バイクの雨の日の通勤は、きっちりとした対策をすることで、辛さをかなり軽減することができます。

上記以外の様々な方法、スーツやスカート、革靴の場合の対策も紹介します。

女性の方にもおすすめの内容となっています。

 

私は節約家なので、できるだけ安価でおすすめできる雨の日の服装を紹介しています。

 

この記事で分かること
・雨の日の手の対策
・原付バイクの雨の日のレインウェア
・雨の日の足元対策(革靴、パンプスなど)
・スーツやスカートの場合の対策
・フルフェイス、ジェットヘルは必須
 
本記事は長文です。下の目次をタップすれば必要なところまで飛ぶことができます。
 
スポンサーリンク

原付バイクの雨の日の手の対策

まずは雨の日の手の対策から紹介します。

夏場でも安全のために必ず着用することが望ましいグローブ。

また、冬の原付バイク通勤で雨が降ると、耐えられないくらい手が冷たくなります。

 

結論から先に言うと、雨の日を快適にするレイングローブは存在しません。

高価なゴアテックスを使用したグローブなども販売されていますが、縫い目が多いグローブの構造上、完全防水ではありません。

 

雨の日に原付バイクで走行すると、必ずと言ってよいほど浸みてきます。

したがって、私は高価なレイングローブは必要ないと感じています。

 

選択肢としては、

  1. ハンドルカバーやナックルガードを使用する
  2. レイングローブやゴム手袋のみで我慢する

の二通りがあります。

 

雨の日に関わらず、原付バイクに乗る際は必ずグローブの着用をおすすめします。
転倒時には反射的に手をつくので、素手では間違いなくケガをします。
雨の日は特に転倒のリスクが高いです。

 

ハンドルカバーやナックルガードを使用する

原付バイク通勤では、レイングローブをしていてもすぐに浸みてきます。

そのため雨が直接グローブに当たらないように、ハンドルカバーやナックルガードを併用します。

 

ハンドルカバーやナックルガードは安価ですが、ゴアテックスグローブなどの高価なグローブを着用するより効果があると感じています。

ハンドルカバーやナックルガードが特におすすめな人
・長時間の原付バイク通勤をする人
・冬も原付バイク通勤をする人

ハンドルカバーやナックルガードは、長く通勤するなら必ず装備しておきたいおすすめの装備です。

ハンドルカバー

水を通さないネオプレンゴムで作られたハンドルカバーは、雨の侵入を防いでくれます。

雨を通さないカバーの中に手を入れるので、手は濡れません。

保温性も高く、特に冬の雨の日の効果は絶大です。

ただし、夏場は暑いのでナックルガードの方がおすすめです。

ナックルガード

ナックルガードは原付バイク走行中の雨が直接手に当たるのを防いでくれます。

ハンドルカバーと違って、停車中は雨が当ります。

雨量にもよりますが、短時間の走行であればグローブが濡れてビショビショになることはありません。

ナックルガードは夏場の原付バイク通勤におすすめの装備です。

 

ハンドルカバーとナックルガードのメリット、デメリット、取付け方などはこちらの記事で詳しく解説しています↓

 

おすすめのハンドルカバーとナックルガード

OSSのハンドルカバーは手の出し入れがしやすく、操作性が高いのでおすすめです。

紐を結んで取り付けるだけなので、原付バイク初心者でも簡単に取り付けることができます。

 

 

ナックルガードは汎用の物が安価でおすすめです。

素人でもドライバーとスパナがあれば取り付け可能です。
(車種に適合するか確認してくださいね。)

レイングローブやゴム手袋のみで我慢する

ハンドルカバーやナックルガードを装備していなければ、レイングローブやゴム手袋で耐えるしかありません。

私の主観では、レイングローブやゴム手袋で我慢できるのは次のような人です。

レイングローブやゴム手袋で我慢できる人
・短時間の走行のみの人
・冬は原付バイクで通勤しない人

 

レイングローブが浸みてくる前に職場に到着する人や、ゴム手袋で手が蒸れる前に到着する人であれば我慢することができるでしょう。

また、そもそも冬は原付バイクで通勤しない人であれば、濡れたレイングローブや保温力の足りないゴム手袋でも我慢することができるでしょう。

 

冬の雨の日は原付バイクにとって最悪の環境と言えます。

夏場であれば濡れたグローブでも我慢できますが、冬の帰りに濡れたグローブを着用するのは苦行です。

レイングローブは濡れたまま放置すると劣化が早まるので、職場などで干せる環境が望ましいです。

 

おすすめのレイングローブ

おすすめの透湿性素材のレイングローブやバイク用のゴム手袋を紹介します。

おすすめの透湿性素材レイングローブ

バイク用品店のRSタイチが販売している定番のレイングローブです。

安全性が高く保温力もそこそこあります。

私も長年使用していました。

定番のレイングローブですが、もちろん浸みてきますし、冬場これだけでは寒いです。

おすすめのゴム手袋

完全防水のバイク用ゴム手袋です。

濡れたままメットインやリアボックスに入れる場合はゴム手袋がおすすめです。

ウェットスーツと同じ素材で保温性もそこそこあります。

 

長時間使用すると中が汗で蒸れて濡れます。

また、冬場これだけでは寒いです。

 

次に、アウトドア界隈では言わずと知れたテムレスの紹介です。

完全防水でありながら若干の透湿性もある安価な作業用ゴム手袋です。

防寒テムレスの操作性の良さと暖かさは口コミでも高評価です。

防寒でない物も販売されています。

デメリットとしては、手袋の袖口が広いのでレインウェアの袖の下に入れ辛いこと。

耐久性が低いことですね。

 

最後に安価なコミネのネオプレングローブです。

 

こちらはネオプレンゴムで作られたグローブですが、縫い目があるので水が浸入してきて濡れます。

ただ、ウェットスーツと同じ素材でできているため濡れても保温性が高く、防風性能もそこそこ高いです。

春、秋の使用に適しています。

 

スポンサーリンク

原付バイクの雨の日のレインウェア

次に原付バイク通勤の雨の日の服装で一番大切なレインウェアの紹介です。

レインウェアを選ぶ際のポイント

原付バイク通勤のレインウェアを選ぶ際のポイントについて解説します。

  1. バイク専用のレインウェアである必要はない
  2. サイズは大きめを選ぶ
  3. フードを被ってからヘルメットを着用する
  4. レインパンツは安価な物で良い
  5. メーカー自社製の透湿性素材は寿命が短い

順番に解説していきます。

バイク専用のレインウェアである必要はない。

原付バイク(原付二種を含む)通勤の場合、そもそもあまりスピードを出すことがありません。(雨の日は特に安全運転です。)

そのため、自動車専用道路を長距離走る場合などを除いて耐水圧が高い、分厚い生地で作られている、バイク専用のレインウェアである必要はありません。

サイズは一回り大きめ

サイズ選びは重要なポイントです。

レインパンツが短いと原付バイクに座った時に足元が濡れやすいです。また、冬場はダウンジャケットの上からレインウェアを着ます。

レインウェアは、少々動きにくくても一回り大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。
夏冬兼用することを考えて、一回り大きめのサイズが丁度よいです。

 

レインパンツは立った姿勢で丁度よくても、原付バイクに座った姿勢ではくるぶしが出てしまします。

ハイカットの長靴やブーツカバーを履く場合は大丈夫ですが、靴を履く場合は大きめのレインパンツを選びましょう。

レインパンツが短いと、レインパンツを伝って流れてきた雨が靴に侵入してきます。

 

また、冬場はレインジャケット以外の上着をすべてレインパンツの中に入れます。

上着をインすることで、裾からの風の侵入を防ぎ、快適に走行することができます。

フード付きはフードを被ってからヘルメットを着用する

フード付きのレインジャケットの場合、走行中にフードがバタついて首元が不快になります。

フードを被ってからヘルメットを着用することで、フードのバタつきを抑えることができ、首元への雨の侵入も防ぐことができます。

 

フードのないレインウェアでも、ヘルメットがあるので余程の大雨でない限り首元への雨の侵入はありません。

したがって、あえてフード付きのレインジャケットを選ぶ必要はありません。

フードを被りたくなり方は、中に折りたたんで着るか、フード無しのレインウェアを選びましょう。

レインパンツは安価な物で良い

雨の日の服装は消耗品です。

特にレインパンツはシート部分と常に接触している為、劣化が早いです。

劣化すると縫い目やジッパー部分からすぐに雨が浸みこんできます。

 

高価なゴアテックスのレインパンツを購入しても寿命が短いです。

コストパフォーマンスが悪いため、後述する安価なレインパンツを買い替えて使用した方が良いです。

メーカー自社製の透湿性素材は寿命が短い

昨今では様々なメーカーが自社製の透湿性素材を用いたレインウェアを販売しています。

透湿性素材は雨を通さずに湿気を逃がしてくれるので、夏場でも蒸れにくく快適に走行することができます。

しかし、私は様々な一流メーカーの透湿性素材を使用してきましたが、ゴアテックス以外の透湿性素材は寿命が非常に短いです。
※使用環境にもよります。

現在は防水性能を失っているので、使える物はウインドブレーカーとして使用しています。

メーカー自社製の透湿性素材は一流メーカーの商品であっても劣化に要注意です。
※上下セットで1万円程度で販売されている物など

 

毎日往復50㎞の通勤を20年、数々のレインウェアを使用してきた結論は、安価なポリエステル素材やPVC素材のレインウェアを使うか、高価なゴアテックス素材のレインウェアを使うかの2択になります。

  1. 安価なレインウェアを使う方法
  2. 高価なゴアテックスジャケットを使う方法

順に解説します。

安価なレインウェアを使う方法

レインウェアは消耗品です。

安価なレインウェアは劣化しても気軽に買い替えることができます。

安価なレインウェアを使う方法は次のような人におすすめです。

・短時間走行のみの人
・使用期間が短い人
・家に帰るまで干せない人
・レインウェアを駐輪場に置く人

短時間走行のみの人におすすめな理由

原付バイクに乗る時間が短時間の方は、安価なレインジャケットとレインパンツの組み合わせで十分です。

 

短時間なので、透湿性や通気性はそれほど必要なく、単純に防水性能さえあれば良いからです。

地域や体質によって違いますが、私の主観では夏場に20分以上原付バイクに乗る場合はゴアテックスジャケットの方が良いと思います。

使用期間が短い人におすすめな理由

ゴアテックスジャケットは最低でも18000円以上しますので、使用期間が1年未満など、短い期間のみの使用は安価な物でよいでしょう。

 

原付バイク以外に自転車やアウトドアなどで使用される場合は後述するゴアテックスジャケットをおすすめします。

家に帰るまで干せない人におすすめな理由

レインウェアは濡れたまま畳んで放置しておくと劣化が早まります。

特に高温多湿となりやすいメットインでの保管は、生地やシームテープなどの劣化に繋がりやすいです。

濡れたレインウェアを職場などで干すことができず、原付バイクのメットインやリアボックスに入れておく場合は安価な物がおすすめです。

駐輪場にレインウェアを置く人におすすめな理由

駐輪場に止めた原付バイクにレインウェアを干しておく場合、盗難の可能性があります。

私も過去に2回、レインウェアをを盗られました。

世の中には誰が着たか分からない、濡れたレインウェアを盗む人がいます。

 

原付バイクに干しておく場合は安価なレインウェアにする方が無難です。

おすすめの安価なレインウェア

  • 長時間走行の場合など、一番信頼性の高いのはセパレートタイプです。
  • 短時間走行で、着脱が楽なのはポンチョタイプです。
  • スピードを出す人はバイク専用のレインウェアです。

セパレートタイプのおすすめ

縫い目処理がされたポリエステル素材を選択すると良いです。

上下セットで3500円程度の物で十分信頼できます。

おすすめはマックの「いぶし銀シリーズ」のレインウェアです。

安価ですが信頼できます。

いぶし銀のレインウェアはクチコミでも評判が良い方です。

口コミ
・防水性が高く安心して使える。
・生地が分厚くしっかりしている。
・袖から雨が入りにくい構造。
・分厚いので暖かいが夏は暑そう。
・口元まで防水してくれる。

 

セパレートタイプのレインウェアは、冬場の防寒対策としても役に立ちます。

晴れた日でも、ダウンジャケットの上からレインウェアを着ることで、冷たい風をシャットアウトできるため暖かいです。

 

安価で一石二鳥のおすすめのレインウェアです。

冬の寒い通勤を快適にする服装はこちらの記事で紹介しています↓

原付バイクの冬の寒い通勤を快適にする、おすすめの服装。

 

レインパンツの方が劣化が早いので、レインパンツが浸みてきたらパンツだけを買い替えましょう。

 

女性におすすめのポンチョタイプ

スカートで原付バイクに乗る方は、長めのポンチョとハイカットの長靴、もしくはブーツカバーを併用することで、辛さはかなり軽減されます。

ポンチョタイプもポリエステル素材でできたものが良いです。

ボタンよりもジッパータイプの方が付け外しが早く、雨の侵入も防げます。

スピードを出す人には風でバタつくのであまりおすすめしません。

袖がある方がバタつきは抑えられます。

 

※私の妻はスカートでもレインパンツを履いていました。レインパンツでもローライズ気味に履くことができます。ただ、スカートがしわになりやすいようです。

おすすめのバイク専用レインウェア

幹線道路、自動車専用道路をスピードを出して走行する場合、バイク専用のレインウェアが必要です。

おすすめはRSタイチのドライマスターです。

私は数年間、ドライマスターを買い替えて使用していた経験があります。

ドライマスターはRSタイチの自社製の透湿性素材を使用している為、私の経験上あまり長持ちはしません。
※私の感想です。

私の場合、ドライマスターは2~3年程度で買い替えていました。

一流メーカーの透湿性素材でも1年持たない物もありましたので、ドライマスターは比較的長持ちする方です。

高価なゴアテックスジャケットを使う方法

透湿性素材を使用した商品で唯一信頼できるのがゴアテックス素材です。

ノースフェイスやアークテリクス、マムート、モンベルなどの一流アウトドアメーカーのハイエンドモデルにはゴアテックス生地が採用されています。

ゴアテックス公式ページはこちら

ゴアテックスジャケットは次のような方におすすめです。

・長時間の通勤の人
・汗をかく体質の人
・長く使いたい人
・通勤以外の用途にも使用する人

長時間の通勤の人におすすめな理由

長時間、原付バイクに乗る人は、それだけ雨に当たる時間も長いということです。

透湿性の無いレインウェアは、どうしても長時間着ていると蒸れてきます。
※特に夏場の渋滞などは注意

 

ゴアテックスジャケットの耐水圧は50000㎜以上と言われており、原付バイクの走行で雨を通すことはまずありません。

加えて透湿性もあるので、レインジャケット内の湿気を逃がしてくれます。

 

快適性を求める上でもゴアテックスジャケットは非常に優秀です。

汗をかく体質の人におすすめな理由

安価なポリエステル素材は湿気を逃がさない為、汗をかく体質の人は雨ではなく汗でボトボトになります。

ゴアテックス素材は世界最高水準の防水性と透湿性があります。

短時間の通勤でも汗をかく人はゴアテックスジャケットをおすすめします。

私の主観ですが、ポリエステル素材でも原付バイク走行中はそこまで暑くないです。

長く使いたい人におすすめな理由

ゴアテックスジャケットは非常に長持ちします。

私も数々のレインウェアを使用してきて、最終的にゴアテックスジャケットになりました。

 

ゴアテックス素材自体には劣化が起きることがほとんどなく、生地に損傷がなければ使い続けることができます。

何度も言いますが、メーカー自社製の透湿性素材は酷い物では1年持ちませんでした。
※あくまで私の感想です。

 

私が現在使用している物はモンベルのゴアテックスジャケットです。

4年間使用していますが、生地表面の撥水性が低下してきているものの、防水性は全く問題ないです。

通勤以外の用途にも使用する人におすすめな理由

ゴアテックスジャケットは登山やゴルフなどアウトドアやスポーツなどで使用することを目的としています。

雨の日に屋外活動する人は、原付バイクと兼用で一着持っていると重宝します。

 

私の場合は、釣りや登山、キャンプの際に着用しています。

雨の日でなくても、ウインドブレーカーとして着用しています。

登山用などのゴアテックスジャケットのハイエンドモデルは、生地が非常に薄い為、原付バイク用途としては不向きです。

おすすめのゴアテックスジャケット

私のおすすめはモンベルのレインダンサージャケットです。

登山用ですが、使われている生地が厚く、原付バイク用として使用しても全く問題ありません。

そして私の知る限り、レインダンサージャケットはゴアテックスジャケットの最安値です。

私もレインダンサージャケットを使用しています。

通常はどこのショップでも定価販売です。

税込18480円ですが、スポーツオーソリティやヒマラヤなどのセール時に購入すればお買い得です。

楽天などの大手ネットショップでは定価よりも割高なので、店頭購入がおすすめです。

 

バイク用のゴアテックスジャケットはラフ&ロードなどが有名ですが、非常に高価です。

 

※ゴアテックスジャケットを長持ちさせる為にはメンテナンスが必要になります。

  • 細目な洗濯
  • 撥水加工
  • ハンガーに吊るすなど

 

スポンサーリンク

雨の日の足元対策

次に雨の日の足元の対策方法から紹介します。

原付バイクの場合、小雨程度であれば足元は濡れにくいですが、本降りの雨では靴や靴下がボトボトになります。

 

雨の日の足元対策としては、3つの選択肢があります。

  1. 防水シューズを履く方法。
  2. ゴアテックスシューズを履く方法。
  3. ブーツカバーを着ける方法。

順に解説していきます。

防水シューズを履く

いわゆる「長靴」を履く対策です。

いちばん単純で確実な方法ですが、いくつか欠点があります。

  • 長靴を履いたまま仕事はできない
  • 格好悪い

長靴や防水シューズで仕事をする訳にはいかないので、会社や駐輪場で履き替える必要があります。

防水シューズは、職場のロッカーや原付バイクのリアボックスに入れておくことができる人におすすめです。

 

おすすめは「スタートレーディング」の防水シューズです。

ハイカットでくるぶしへの雨の侵入を防いでくれます。

 

「スタートレーディング」の防水シューズはオシャレでお財布にも優しいです。

実店舗ではワークマンが安価に販売していますが、人気のため在庫が少ないことが多いようです。
※ワークマンオンラインストアでは販売されていません。

 

口コミでも評判が良いです。

口コミ
・オシャレで街中でも履きやすい。
・思ったより高級感がある。
・普段履きでも格好悪くない。

デメリットは、レインシューズなので長時間の歩行には不向きです。

 

こちらは女性用の安価なレインブーツです。

ザ・長靴のように見えず、色も選べておすすめです。

安価なレインブーツはネット通販でも実店舗でもあまり価格差はありません。

楽天のセールなどで購入すればお得です。

 

私の妻も使用していますが、レインブーツとしては歩きやすい方だとのこと。

使用しているうちにゴムの臭いは薄れていきます。

 

防水シューズが履ける環境であれば、一番安価でおすすめできる雨の日の足元対策です。

 

防水シューズを選ぶ際は、ハイカットで中に水が浸入しにくいものを選ぶとよいです。
※原付バイクに座った姿勢では、くるぶし出やすいからです。

ゴアテックスシューズを履く

ゴアテックスシューズは防水性と透湿性、運動性を兼ね備えており、雨の日の屋外でも快適に歩くことができます。

防水機能がついている運動靴です。

 
ゴアテックスシューズは職場や学校で履き替えることなく、一日中履き続けたい人におすすめです。

 

最大のメリットは、仕事や学校で履き替えることなく、そのまま快適に履き続けられることです。

デメリットは非常に高価なことです。

私の場合、雨の日限定で履いているので長持ちしています。

 

マムートのトレッキングシューズは登山者も多く愛用しています。

信頼性の高い商品です。

 

マドラスウォークのゴアテックスシューズは、雨の日でも足元を濡らすことなく、ビジネスに集中できます。

ブーツカバーを着ける

ブーツカバーは靴の上から被せて使用する防水カバーです。

ブーツカバーのメリットは、

  • 革靴やパンプスにも使用できる
  • 折りたたんで収納できる
  • 冬場の防寒対策にもなる

ブーツカバーのデメリットは、

  • 歩きにくい
  • 付け外しが面倒

 

ブーツカバーは革靴やパンプスで通勤する人におすすめです。

ブーツカバーのメリット

 

ハイカットのブーツカバーは膝下部分まで覆うことができます。

女性でスカートとパンプスを履く場合、ポンチョとハイカットのブーツカバーで雨の日対策ができます。

また、ブーツカバーはコンパクトになるため、メットインやリアボックスに収納できます。

私は急な雨にも対応する為、常にメットインに入れています。

雨の日に靴が濡れないだけで、非常に快適に仕事をすることができます。

また、ブーツカバーは寒い冬場の防寒対策としても役に立ちます。

ブーツカバーのデメリット

ブーツカバーのデメリットは、靴の上から装着するので歩きづらく、長距離の歩行には向いていません。

 

また、着脱の際、マジックテープとジッパーで止める作業が面倒です。

小雨程度だったら着けずに我慢しようと思ってしまいます。

おすすめのブーツカバー

ブーツカバー購入時のポイント
・原付バイクでは、歩きにくくても大きめのサイズを選んだ方が良いです。
・ブーツカバーはバイク専門店でしか販売していないことが多く、ネット通販が便利です。

 

靴の上から被せるタイプのブーツカバーです。

コミネの製品はやや高価ですが間違いのない商品で、よほどのヘビーユーザーでない限り数年は持つでしょう。

コミネのブーツカバーは口コミでも評判が良いです。

口コミ
・コンパクトに折りたためて便利。
・耐久性が高く長く使える。
・雨で靴が濡れることがなくなった。

 

 

こちらは靴の上から履くタイプのブーツカバーです。

靴底があるので、被せるタイプよりも歩きやすいですが、その分収納時にかさばります。

販売価格は様々ですが耐久性は値段なりです。

安価な物が多いので、お試しで購入してみても良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

雨の日の通勤はフルフェイス、ジェットヘルが必須

最後にヘルメットの紹介です。

バイク通勤をするならフルフェイスやジェットヘルは必須です。

雨の日の通勤対策としてはもちろんのこと、それ以上に安全の為に必要です。

 

はっきり言って半キャップヘルメットで雨の日は走行できません。

・雨で目を開けることができない。
・顔が痛い。
・顔が濡れる。
・転倒時にケガをする。

 

普段から必ずフルフェイスやジェットヘルを着用しましょう。

安全性、快適性を考慮すれば最低でも1万円前後の商品が良いと思います。

 

通気性が良く、インナーを脱着して洗える物がおすすめです。

 

また、雨の日のヘルメットはシールドが曇りやすいので、曇り止めと撥水剤がおすすめです。

スポンサーリンク

原付バイクの雨の日の装備

今回はレインウェアなど、雨の日のおすすめの服装を紹介してきました。

雨の日の辛さを軽減させるには、風防やナックルガード、ハンドルカバーを付けるなど、原付バイク自体の対策も効果的です。

ハンドルカバーとナックルガードはこちらの記事で紹介しています↓

 

また、リアボックスがあればレインウェアやブーツカバーを常時入れておくことができ、急な雨にも対応できます。

リアボックスはこちらの記事で紹介しています↓

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

他にも原付バイクに関する記事を書いていますので、合わせて読んで頂けると嬉しいです。

質問、コメントお気軽にどうぞ