岩湧山の「いわわきの道」と「きゅうざかの道」登山道や駐車場を紹介

節約遊びスポット

大阪府河内長野市にある「岩湧山」の紹介です。

奈良県から稜線を縦走する「ダイヤモンドトレール」の中の一つで、金剛山の隣にある山です。

 

標高897.7m。

山頂はキトラと呼ばれるススキの群生地で、秋には辺り一面が黄金に輝く景色が見られます。

 

今回は岩湧山の登山ルート。

「いわわきの道」と「きゅうざかの道」と、アクセスや駐車場などの概要を紹介します。

登山口から山頂までの標高差は約700mです。

この記事で分かること
岩湧山へのアクセス
岩湧山の駐車場
登山ルート「いわわきの道」
登山ルート「きゅうざかの道」
給水ポイント
岩湧山で見れる花

 

スポンサーリンク

岩湧山「いわわきの道」と「きゅうざかの道」の概要

「いわわきの道」と「きゅうざかの道」へのアクセス、駐車場などの概要を紹介します。

両方とも整備された道で、初心者でも比較的登りやすいルートです。

登山口の周辺には岩湧の森「四季彩館」と「岩湧寺」があります。

 

「いわわきの森」散策マップ
(地図はタップして拡大できます。)

周辺 散策ルート

河内長野市ホームページより引用

岩湧山へのアクセス、駐車場

「いわわきの道」と「きゅうざかの道」へのアクセスは、基本的に自家用車になります。

バスの場合は終点の「神納」のバス停から登山口まで徒歩80分程度かかります。

自家用車の場合

河内長野市南青葉台の交差点から約15分程度です。

地図はタップして拡大できます。

Googleマップより引用

交差点が少しややこしいです。

温度計のある信号が目印です。

ここからは1.5車線から1車線の道が続きます。

対抗が困難な場所もあるので注意が必要です。

川沿いを15分程度進んで行くと駐車場があります。

駐車場

駐車場は「いわわきの森」の駐車場(P1~P6)岩湧寺の駐車場があります。

 

上記の散策マップを見てもらえば分かると思いますが、「いわわきの森」の森の駐車場はP1~P6までそれぞれ分かれています。

 

P1駐車場が登山口に近い場所になりますが、P1駐車場からでも登山口までは結構歩きます。

 

写真はP2駐車場です。

P2駐車場は、「いにしえの道」に近く、「いにしえの道」に入ってすぐの給水ポイントを利用するならP2駐車場がおすすめです。

 

P6駐車場はかなり下になりますので、登山口まで結構な距離を歩くことになりますが、「すぎこだちの道」の散策は、P6駐車場が一番近いです。

 

いわわきの森のP1駐車場に「ここから先に駐車場はありません。」と書かれた看板があります。

実は登山口のすぐ手前に「岩湧寺」の駐車場があります。

登山口に一番近い駐車場は「岩湧寺」の駐車場になります。

ただし、7~8台程度しか駐車できない為、混雑時は下のP1~P6駐車場に止めることになります。

バスで行く場合

南海高野線、近鉄長野線の「河内長野駅」から、南海バスの南青葉台線、「神納」で下車します。

「神納」のバス停から徒歩5㎞、約80分で登山口に到着します。

神納より徒歩約80分。
地図はタップして拡大できます。

Googleマップより引用

「神納」のバス停です。

待合室の裏にトイレがあります。

ここから「岩湧の森、四季彩館」までの5㎞、約80分の間トイレはありません。

 

バス停から登山口までは、川沿いの舗装された道で、比較的歩きやすいと思います。

道が狭いので自動車には注意が必要です。

売店、トイレ

このルートには売店や自動販売機は一切ありません。

飲食物は前もって準備する必要があります。

「いにしえの道」を入ってすぐの所に給水ポイントがあるので、登山前に水を汲んでおくのがおすすめです。

 

トイレは登山口にある施設「いわわきの森四季彩館」にあります。

ここを過ぎると山頂付近までトイレはありません。

山頂付近に一ヵ所トイレがあります。

 

上の写真は「いわわきの森四季彩館」です。

 

上の写真は山頂手前のトイレです。

スポンサーリンク

登山道「いわわきの道」と「きゅうざかの道」

「いわわきの道」と「きゅうざかの道」の登山口は同じところにあります。

左に行けば「いわわきの道」。

右に行けば「きゅうざかの道」です。

両ルート共に整備されており、初心者でも比較的登りやすい登山道です。

 

「きゅうざかの道」は健脚者向けと書かれていますが、一般人であれば問題なく登れます。

むしろ、「いわわきの道」の方が距離が長くて疲れます。

いわわきの道

山頂までの目安時間 90分
給水ポイント    あり
休憩所       あり
難易度       ★☆☆☆☆

いわわきの道は「一般道90分」と書かれた方の道です。

途中に展望デッキと給水ポイントがある登山道です。

 

最初は熊野古道のような登山道になっています。

 

一般道と書かれていますが、途中、沢登りのような水場を登る所があったり、岩場があったりするので、小学校低学年程度のお子様は注意が必要です。

上の写真は沢登りの場所です。

短いですが、大雨の後などは水が多いので濡れます。

 

ここを登ると展望デッキと給水ポイントがあります。

展望デッキと給水ポイントです。

ここから河内長野市や富田林市を見下ろすことができます。

 

始めは川沿いにそって登るので、冬場は氷柱なども見ることができます。

冬季はアイゼンが必須です。

 

展望デッキを越えると、ロープの張ってある岩場があります。

その他は整備された緩やかな登山道を登ります。

 

このルートは広葉樹林が多いので、秋には紅葉が楽しめます。

 

しばらく登るとダイヤモンドトレールにでます。

「いわわきの道」はダイヤモンドトレールに出てから山頂まで階段が多く、距離が長いです。

 

ここからはダイヤモンドトレールを山頂に向かって登ります。

このルートでは5月から6月にかけてチゴユリを見ることができます。

しばらく進むと「きゅうざかの道」との合流地点があり、さらに進むとトイレがあります。

きゅうざかの道

山頂までの目安時間 60分
給水ポイント    なし
休憩所       あり
難易度       ★☆☆☆☆

「きゅうざかの道」は登山口を右に進むルートです。

いきなり急な階段を登るので、「こんなに急なの!」と思うかもしれませんが、急な階段は最初だけです。

 

「きゅうざかの道」は給水ポイントがなく、整備された登山道をひたすら登っていきます。

「いわわきの道」よりも針葉樹林がおおく、花や景色を楽しむなら「いわわきの道」の方がおすすめです。

登山道の7合目あたりにベンチが設置されています。

 

ダイヤモンドトレールの手前にきつい階段があります。

ここを登りきるとダイヤモンドトレールに合流します。

 

登りきった所にベンチが設置されています。

ここを右に進むと山頂手前のトイレがあります。

岩湧山山頂

山頂広場には日除けとなる木々は生えていません。
売店なども一切ありません。
夏場は帽子や水筒などの準備は必須です。

トイレを過ぎると、岩湧山のシンボル、「カヤ場」。

キトラと呼ばれるススキの群生地帯を登ります。

ここを登れば山頂です。

カヤ場は年に一度、春に山焼きが行われます。

 

山焼きが終わった後はススキが無くなりハゲ山になりますが、後には沢山の花が咲き、「わらび」や「つくし」などが芽を出します。

目を凝らしながら階段を登ると様々な花が観察できておすすめです。

 

山焼きが終わった春は、視界を妨げるススキが無いので、大阪府を見渡せる眺望が最高です。

秋のススキも良いですが、春の花と眺望もおすすめです。

 

こちらは秋の眺望です。

 

岩湧山山頂です。

山頂の看板を越えてさらに進むと山頂広場があります。

ベンチがいくつか設置されていますが、休日は混雑して座れないことがあります。

レジャーシートがあった方がよいです。

スポンサーリンク

岩湧山「いわわきの道」と「きゅうざかの道」まとめ

岩湧山の「いわわきの道」と「きゅうざかの道」は初心者でも迷うことなく、比較的簡単に登ることができるハイキングコースです。

 

アクセスのポイント
岩湧寺の駐車場が登山口に近い。
登山のポイント
登りは「きゅうざかの道」、下山は「いわわきの道」がおすすめ。

 

私の主観ですが、「いわわきの道」は時間がかかるわりに、ダイヤモンドトレールに出てから山頂までの登山道が階段が多くてきついです。

 

その為、登りは「きゅうざかの道」で登って、下山は「いわわきの道」でゆっくりと植物を観察しながら下るルートがおすすめです。

 

私の場合は、

  1. 「いにしえの道」で水筒に水を汲む。
  2. 岩湧寺の駐車場に止める。
  3. 「きゅうざかの道」で登る。
  4. 山頂でお昼ごはんを食べる。
  5. 「いわわきの道」で下山。
  6. 展望デッキでお茶休憩。

上記の手順でハイキングを楽しんでいます。

 

以前のハイキング記事はこちら↓

岩湧山でソロ登山。山頂のススキと野点(のだて)を楽しんできた。
岩湧山の登山ルートの紹介と山頂のススキの景色をお届けします。岩湧山の山頂はキトラと呼ばれ、ススキの群生地になっています。秋の夕方には黄金に輝くススキの絶景を楽しむことができます。初心者でも道に迷うこともなく、簡単に登ることができます。山頂付近にはトイレも完備されています。
岩湧山の冬の登山。雪山の景色と氷柱、初野点も楽しんできた。
冬の岩湧山の登山。冬の岩湧山の魅力や登山ルートの紹介です。岩湧山は初心者でも登りやすい山ですが、冬登山は初心者でも準備が必要です。とても綺麗な氷柱が観察できました。冬の岩湧山で野点(のだて)も合わせて楽しんできたので是非最後までご覧ください。

 

以上、参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ブログのランキングに参加しています。
リンクボタンをポチッと押して頂けるとブログランキングのサイトに飛び、順位が上がるので嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

質問、コメントお気軽にどうぞ