BBQの炭の片付け方。お家バーベキューを最速で片付ける方法。

節約アウトドア

今回は私が実践している、お家バーベキューを最速で片付ける方法を紹介します。

 

バーベキューは楽しいですが、その後待っているのが面倒な片付け。

特にまだ火が残った炭の片付けが大変です。

 

炭を水に漬けるなどして火を消した後、残った灰や消し炭を捨てたり、バーベキューコンロを片付けたり…。

疲れる上に手や服が汚れること間違いなし。

 

そんな面倒を解消できる最速の片付け方を紹介します。

 

この記事で分かること
お家BBQを簡単にするバーベキューコンロとは?
お家BBQの最速の片付け方。
スポンサーリンク

お家BBQの炭の片付けを簡単にするコンロ

お家BBQの片付けを最速にするには、まず片付けが簡単になるバーベキューコンロを使用することが大切です。

蓋付きバーベキューコンロを使用

バーベキューでの蒸し焼き料理や燻製料理が楽しめる蓋付きバーベキューコンロ。

実はお家バーベキューでは、蓋が付いていることによって炭の後片付けがとても簡単になります。

 

なぜ片付けが簡単になるのか?

それは、蓋付きバーベキューコンロは、蓋をして空気を遮断することで、水を使わなくても炭を消すことができるからです。

火消しつぼの役割も兼ね備えているのです。

消し炭はそのまま次回のBBQに使用できます。

 

 

我が家が使用しているバーベキューコンロです。

数年前にニトリで購入した宇宙船のようなバーベキューコンロです。

なかなか年期が入っています。

蓋部分と底の部分に開閉式の空気穴が付いており、蓋のロック機能もあります。

 

2021年現在、ニトリでは蓋付きバーベキューコンロは発売していないようです。

似たような商品がバンドックから販売されています。

 

人数に合ったバーベキューコンロを使用する

少人数なのにとても大きいバーベキューコンロを使用している人をよく見かけます。

バーベキューコンロは小さい方が当然使用する炭や網が小さくなるので片付けは簡単になります。

 

一般的なバーベキューコンロの大きさ
2~3人 30㎝×20㎝
4~5人 40㎝×30㎝

4~5人では40㎝×30㎝の大きさとあります。

何を焼くかにもよりますが、

子供を含めた4人家族では30㎝×20㎝あれば十分だと思います。

 

写真は我が家が使用しているBBQ網です。

焼肉店に行った時の鉄板の大きさを思い出してほしいのですが、それほど大きくないですよね。

家庭用シンク内に納まる大きさのBBQ網であれば、洗うのはそんなに大変ではありません。

 

スポンサーリンク

お家BBQを最速で片付ける方法

それでは私が行っているお家バーベキュー最速の片付け方法を解説します。

網の油を焼き切る

バーベキューが終わったら、まず網の上に残っている食材を撤去します。

次に網の上にこびりついて取れない食材や油を残っている炭火で焼き切ります。

 

網の上にアルミホイールを乗せて放置しておくことで油を焼き切ることができます。

白い煙が出てくるのは油が焼けている証拠です。

網を焼いている間にテーブルや食器などを片付けましょう。

蓋をかぶせて空気穴を閉める

煙が出なくなってきたら、アルミホイールを丸めてタワシ替わりにし、適当に網の汚れを落とします。

 

その後、蓋をかぶせて底部分の空気穴を閉め、空気を遮断します。

上の空気穴は膨張した空気が逃げるように少し開けておきます。

 

酸素供給が断たれた炭は自然と消化します。

最後に蓋をロックして、万が一、風などでバーベキューコンロが倒れても、炭が出てこないようにします。

このまましばらく放置します。

 

その間にお風呂に入って寝る準備をします。

寝る前に火が消えているか確認しましょう。

見た目上、火が消えていても、もう一度蓋をかぶせてロックしておきます。

 

バーベキュー当日はこれで終了です。

 

蓋をせず、炭が燃えつきるまで放置するのはとても危険です。
絶対にしないでください。

 

翌日に網を洗う

翌日に蓋を開けて網を取り出します。

頑固な油汚れやこびりつきが残っている場合は、重曹に漬けて洗いやすくします。

我が家の場合は、いつもタワシで洗うだけで大丈夫です。

 

蓋をかぶせて片付ける

消し炭が残ったままですが、このまま蓋をかぶせて屋外用ケースに収納します。

我が家の片付けはこれで終了です。

 

そうです。

消し炭の処理はしていません。

 

消し炭はそのまま次のバーベキューで使用します。

新しい木炭よりも消し炭の方が着火が断然早いです。

 

消し炭の処理をしないので、片付けが最速で超簡単なんです。

 

バーベキュー3回くらいは消し炭の処理をせずに使用しています。

底に灰が溜まってきたら消し炭を避けておいて、灰だけを捨てます。

 

我が家は田舎なので、灰はゴミとして捨てずに庭に撒きます。

最速の片付け方法のデメリット

最速の片付け方法にもデメリットがあります。

それは、お家バーベキューでしか使用できないことです。

 

蓋付きバーベキューコンロはとてもかさばる為、キャンプに持っていくことが実質不可能です。

もちろん、持っていくことが可能であればキャンプバーベキューも最速で片付けることができると思います。

スポンサーリンク

BBQの炭の片付け方まとめ

お家バーベキューの片付けを最速にするには、

  • 蓋付きバーベキューコンロを使用する。
  • 人数に合ったバーベキューコンロを使用する。
  • 4人家族では30㎝×20㎝あれば十分。

お家バーベキューの最速の片付け方法は、

  1. 網にアルミホイール乗せて油を焼き切る。
  2. アルミホイールを丸めてタワシにする。
  3. 蓋を閉めて空気を遮断。
  4. 寝る前に火が消えているか確認。
  5. 翌日に網を洗う。
  6. バーベキューコンロを倉庫やケースに収納する。
  7. 繰り返し使用して灰が溜まってきたら捨てる。

 

私はバーベキューコンロ自体は洗っていません。

そもそも汚れる物と割り切っていますし、高額なコンロを使用していませんので、劣化してきたら買い替えます。

 

以上、皆さまの楽しいバーベキューの参考になれば嬉しいです。

 

くれぐれも炭火の取り扱いには注意してください。今回紹介した方法はあくまでも参考で、取り扱いは自己責任でお願い致します。
お家バーベキューの最速の火のつけ方も紹介しています。
 

質問、コメントお気軽にどうぞ

  1. まんちゃんさん
    この記事を読んで、どのBBQコンロを購入するか決まりました!
    火の安全な消し方だけでなく、効率いい時間の使い方もとても勉強になりました!
    さぞや仕事でも、残業せずに効率よく仕事してるんでしょうね!職場のトラブルの火消しもお上手そうですね!

    • 大三源さん、こんにちは。いつも読んで頂きありがとうございます。
      家でバーベキューをするなら、間違いなく蓋付きをおすすめします。
      お金と時間の節約は僕の得意とする所だと思っています。
      仕事は社畜の鏡となっています。
      サービス残業、休日出勤は当たり前、後輩の尻拭い、代名詞は「穴拭き柱」と呼ばれていますよ。

  2. こんにちは。網の焦げを取るのにアルミを使うってのは考えてませんでした。参考にさせていただきます。

    • ヒロスケさん、こんにちは。いつも読んで頂きありがとうございます。感謝致します。
      油を焼き切った後のアルミホイールで、ついでに網の焦げを取ります。あまり取れませんが…
      参考になり嬉しいです。
      これからもよろしくお願いします。