本ページはプロモーションが含まれています。

船釣り女子の服装ガイド!機能性とおしゃれを両立させる方法とは?

アウトドア節約術

本ページはプロモーションを含みます。

最近、アウトドア好きの女子たちの間で、船釣りが流行ってきています。

大海原の解放感や釣れた時のドキドキ感、友達や気になる人と一緒に釣りをする時間は、日常とは全く別世界なのが魅力です。

でも船釣りって朝が早過ぎて、女子にとっては準備がとても大変で寝不足になりがち。

その上、早朝と昼とで気温差が激しいし、日中は強い紫外線を浴びるので日焼け対策は必須。

さらには、急な天候の変化や、波を被って濡れることもあるから、想像以上に過酷な環境なんですよね。

だから、季節ごとの適切な服装選びがとっても大切なんです。

 船釣り女子の服装のポイントは、
・化繊の服を重ね着する!
・おしゃれな山ガール用の服選ぶ!

その他にも、レインウェアの携帯は必須。

この記事では、船釣り女子に向けて、機能性とおしゃれさを両立させた服装を紹介します。

ユニクロのコーデも紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね。

この記事はこんな人におすすめ!
船釣りに適した服装が知りたい!
季節別オシャレコーデが知りたい!
季節別ユニクロコーデが知りたい!
雨天時の船釣りの服装が知りたい!

スポンサーリンク

女性の船釣りに必要な服装って?

乗合船の様子

ここでは、船釣りの環境や、女性の船釣りの服装に必要な機能性について紹介します。

船釣りの環境って想像以上に過酷

冒頭でも紹介したけど、船釣りの環境って結構過酷なんです。

その理由は、

 船釣りの環境
・朝と昼の寒暖の差が激しい
・風が強い
・紫外線が強い
・波を被って濡れる
・急に雨が降ってくる
・魚で汚れる
・針が刺さることがある
・滑りやすい

波が穏やかで絶好の釣り日和ならいいんだけど、実は船釣りって天気に恵まれない日の方が多いんです。

海上保安庁より「海釣りで注意する気象」はこちら

船上は想像以上に過酷な環境なんですよね。

そのうえ、寝不足と船酔いのダブルパンチ!

船釣りの前日は、早めに寝ることと、当日は必ず酔い止めを飲んだ方がいいですよ。

酔い止めって、薬局やコストコで買うより、ネットの方がお得!

船が出港したら、6時間くらいは港に戻ってこないので、準備は万全に!

女性の船釣りの服装選びのポイント!

 服装選びのポイント
①長袖の化繊生地を重ね着!
②濡れてもよい靴を履く!
③紫外線対策は必須!
④レインウェアも必須!

船釣り女子の服装選びのポイントは4つ!

①化繊生地を重ね着して体温調節する!

船釣りは重ね着で体温調節することがポイント。

これは船釣りだけでなく、アウトドア全般に言えることで、夜間、早朝と昼間の寒暖差に対応したり、変わりやすい天候に対応するため。

シャツ、フリース、ダウンジャケット、レインウェアの重ね着

早朝の寒い時間帯には、フリースやインナーダウンを重ね着して保温。

特に船の移動中は、風が当ってとても寒いです。

日が出てきて暑くなってきたら、上着を脱いで体温調節を!

もう一つは服の素材。

船釣りには、綿ではなく、ポリエステルなどの化繊素材が適しています。

その理由は、波や雨、汗で濡れても乾きやすい素材だから。

綿は一度濡れてしまうと、乾くのに時間がかかって、低体温の原因になります。

天候に恵まれて濡れない日もあるけど、海のアクティビティは濡れることが前提。

服装はできるだけポリエステルなどの化繊素材、もしくは化繊混紡素材をチョイスしましょう。

化繊素材の例
ユニクロ:エラリズムシリーズ、ドライEXパンツなど
モンベル:ウイックロンシリーズ、登山用パンツなど
その他:スポーツ用インナー、ジャージなど

船釣りの服装の機能性についてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

②濡れてもよい靴を履く!

船釣りは靴も濡れると思っておいたほうがよいです。

春~秋
・クロックスサンダル
・マリンシューズ
寒い季節
・防水シューズ
・防寒長靴

・ビーチサンダル

夏場や春秋はクロックスサンダルなど、足を覆ってくれるサンダルやマリンシューズがおすすめ。

濡れても良いサンダルや靴

スニーカーでもいいけど、濡れることが前提なので、帰路で履くための替えの靴やサンダルを持っていくといいです。

ビーチサンダルは滑りやすい上に、肌が露出しているので危険。

マリンシューズを履いていても、くるぶしなどの露出している部分に紫外線が当たって、変な焼け方をするので要注意。

速乾性の高い、長めの化繊の靴下を履くか、足にも日焼け止めを塗って対応しましょう。

早春や晩秋、冬場はサンダルでは寒いので、防水シューズや長靴を履く必要があります。

モンベルの防水トレッキングシューズ

寒い時期に足が濡れると辛いですよ。

③紫外線対策は必須!

船釣りは日差しを遮るものが全く無いから、船釣り女子には紫外線対策が必須!

紫外線対策に必要な物
頭、顔:帽子、フェイスカバー
上半身:長袖、アームカバー、手袋
下半身:長ズボン、靴下
※肌の露出部分には日焼け止めクリーム!

帽子や長袖の服はもちろんのこと、手袋やアームカバー、日焼け止めクリームなどは必須!

日除けの帽子は紫外線対策だけでなく、針や錘が直接頭に当たらないよう、ケガ防止の役割もあるので、マストアイテム。

モンベルのサファリハット

キャップタイプのものよりも、全体をカバーしてくれるサファリハットの方がおすすめ。

それと、風が吹いて飛んでいかないように、あご紐の付いているものをチョイス。

Colombia(コロンビア)など登山メーカーの帽子が、おしゃれでおすすめ。

首元やうなじ部分など、肌が露出している部分は絶対に焼けるので、フェイスマスクや日焼け止めで対策しましょう。

また、紫外線対策やケガの防止も含めて、長袖やアームカバーの着用も必須。

手の甲まで覆うアームカバー

船釣りでは、釣り針や魚のヒレでケガをすることもあるので、できるだけ肌の露出を抑えた方が安全で快適。

アームカバーは手の甲まであるものが優秀。

フィッシンググローブと合わせて使うと完璧です。

フィッシンググローブは、指先が出せるものが、エサを付ける時やスマホ操作の際に便利。

こちらもネットショップが安価でおすすめ。

そのほか、露出が避けられない部分には日焼け止めクリームでしっかりと対策を!

④船釣りにレインウェアは必須!

船釣りに上下のレインウェアはマストアイテム。

船釣りに必要なレインウェア

船は一度出港すると、6時間くらいは戻ってこないので、急な悪天候にも対応できる準備が必要。

雨が降っていなくても、うねりや風が強いと、波しぶきで身体が濡れます。

濡れた衣服に風が当たると、想像以上に寒いんです。

レインウェアは、急な雨や気温の低下に対応したり、餌や魚で服が汚れるの防ぐ役割があります。

お気に入りの服を着ていく場合は、レインウェアやウインドブレーカーなどを羽織って汚れ対策しましょう。

レインウェアは、長い時間着ても蒸れない、透湿性素材を使用したものがおすすめ。

ミズノのストームセイバーは、富士登山で№1の使用率の透湿性素材レインウェア。

でも透湿性素材のレインウェアって、そこそこのお値段がするんですよね。

ワークマンにも安価なものが販売しているから、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

船釣り女子の服装コーデ!春夏秋、季節別に紹介!

ここからは、船釣り女子の服装を季節別に例を挙げて紹介します。

ファッション性にこだわるなら、登山用アパレルメーカーの服がおすすめ!

服装の機能性はもちろん大事だけど、友人や気になる人と過ごす時間は、おしゃれも楽しみたい!って思う人も多いはず。

なのに、なぜか釣り具メーカーが販売している服って、ファッション性に欠けることが多いんですよね。

そこでおすすめなのが、登山用アパレルメーカーが販売している服です。

ノースフェイスのバーサミッドジャケット

NORTH FACE(ノースフェイス)やColombia(コロンビア)、montbell(モンベル)など、山ガール用に開発された衣類は、機能性はもちろんのこと、ファッション性の高いものが多い!

ただし、お値段もそこそこするのが難点。

最近では、ユニクロやワークマンでも機能性やファッション性が良いものが販売されているので、予算と相談ですね。

ユニクロのおすすめも紹介するので、コスパ重視の方は参考にして下さい。

船釣りでは服が汚れやすいので、安価な服の方が気にならなずに釣りに集中できるメリットもありますよ。

春秋の船釣りにおすすめの服装とは?

春秋は日中は暑くなるけど、早朝や船の移動中はとっても寒い。

なので、長袖のTシャツの上に、レインウェアやインナーダウン、フリースなどで重ね着して対応するのが基本。

早春や晩秋の朝は特に冷え込むので、インナーダウンとレインウェアを着ると快適。

ジップシャツ、フリース、インナーダウン、レインウェアで春秋のレイヤリング

登山メーカーのコーデ
アンダーウェア:化繊の長袖ジップシャツ
中間着:薄手のフリース、インナーダウン
アウター:レインウェア
ボトムス:化繊の長ズボン+タイツ
足元:クロックス+化繊の靴下
頭:サファリハット

写真例は、化繊の長袖ジップシャツに、フリースやインナーダウンの組み合わせ。

ボトムスはストレッチの効いた、登山用の長ズボンとタイツ。

足元は化繊の靴下にクロックスサンダルです。

春秋の船釣りであれば、フリースとインナーダウン、レインウェアの全て着用すれば寒いと思うことはないはず。

暑ければ、フリースやダウンを脱いで調整します。それでも暑い時は、長袖シャツだけで釣りをします。

足元はサンダルだけど、寒い時期は防水シューズや長靴のほうがおすすめ。

インナーダウンやフリースは、登山用アパレルメーカーのものがやっぱり機能的でおしゃれ。

コスパ重視なら実用的にはユニクロで十分。

ボトムスはレギンスと長ズボンの二枚重ねがおすすめ。

寒ければ上にレインパンツを履いて対応します。

コスパ重視なら、アンダーウェアや中間着もユニクロで十分です。

ユニクロのエアリズムシリーズでコーデ

ユニクロのおすすめコーデ
アンダーウェア:エアリズムTシャツ
中間着:エアリズムUVカットメッシュパーカー
アウター:ポケッタブルパーカー
ボトムス:ドライEXパンツ、エアリズムパフォーマンスタイツ
靴下:パイルソックス

レインウェアはワークマンのイナレムが安価。透湿性素材で長時間着ても蒸れずに快適です。

帽子や手袋など、紫外線対策も忘れずに!

夏の船釣りにおすすめの服装とは?

夏の船釣りは早朝こそ涼しいものの、日が昇ってくると、とっても暑い。

汗や海水で服が濡れるので、速乾性の高い、化繊素材のコーディネートは必須。

登山メーカーのコーデ
アンダー:化繊ポロシャツ+アームカバー
ボトムス:ショートパンツ+レギンス
足元:クロックス+化繊の靴下
頭:サファリハット+フェイスカバー

写真例は、化繊混紡のポロシャツに、アームカバーの組み合わせ。

アームカバーは手の甲まであるものが、紫外線対策として優秀。

ボトムスは、ストレッチの効いた登山用ショートパンツとレギンスをチョイス。

こちらも登山アパレルメーカーのものが、速乾性やストレッチ性が高くて動きやすい。

足元は日焼け止めをたっぷり塗って、クロックスサンダルを履くか、化繊の靴下を履いてクロックスサンダルを履きます。

ユニクロのおすすめコーデ
アンダーウェア:エアリズムUVカットクールネックTシャツ
中間着:エアリズムUVカットメッシュパーカー
ボトムス:ドライストレッチパンツ、エアリズムパフォーマンスタイツ

日中は紫外線対策だけでなく、熱中症対策も必要です。

日除けの帽子やアームカバー、フェイスカバーで紫外線対策を行いつつ、濡れたタオルで首まわりを冷やしたり、足にバケツで海水をかけて体温を下げる工夫が必要です。

日差しがきつく、海面に反射した光が眩しいので、偏光サングラスもあると疲労軽減になります。

偏光サングラスは、釣りだけでなく他のアウトドアやドライブにも活躍しますよ。

雨の船釣りにおすすめの服装とは?

船釣りの場合、多少の悪天候でも決行になることがあります。

予約していてキャンセルできない場合も多いので、悪天候に対応する服装が必要です。

 雨の日の服装
・透湿性素材のレインウェアを選択
・防水の帽子を併用

季節にもよりますが、雨の場合は基本的に上下レインウェアを着て釣りをします。

常にレインウェアを着ているので、透湿性素材でないと湿気でアンダーウェアが濡れてとても不快。

さらに、レインウェアのフードには、つばが付いていないので、雨が降ると顔が濡れてしまいます。

防水仕様(ゴアテックスなど)の帽子があれば、雨天時にも顔に雨がかからず、快適に船釣りが楽しめます。

防水仕様の帽子のデメリットは、蒸れやすいこと。

透湿性素材でできているので、ある程度の湿気は逃がしてくれるけど、真夏の晴れた日に使うなら、通常のサファリハットの方がやっぱり快適。

コロンビアの防水サファリハット

そのほか、足元も濡れて不快になるので、寒い季節は長靴や防水シューズがあった方が快適。

雨天時に使用する長靴や防水の靴

長靴は中が起毛になっているものが、暖かくておすすめ。

防水シューズを履くなら、登山用トレッキングシューズが蒸れずに快適。

トレッキングシューズはサイズ選びが難しいから、店舗で試し履きする方がいいです。

真夏の場合は、上下レインウェアを着ると透湿性素材でもめちゃくちゃ暑い!

船釣りに必要なレインウェア

真夏はTシャツの上にレインジャケットを着て、ボトムスは濡れてもよいショートパンツとレギンスで対応。

帰りに車の中でショートパンツとレギンスを着替えます。

足元はサンダルと日焼け止めで対応。

この組み合わせで、雨の日の船釣りも万全です。

船釣り女子の服装ガイド。いかがでしたか?

ここで紹介した以外にも、たくさん対応方法があると思うので、自分なりに工夫しておしゃれも楽しんでくださいね。

安全に楽しい船釣りになることを願っています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

このサイトでは、他にも釣りに関する記事を書いていますので、合わせて読んで頂けると嬉しいです。

質問、コメントお気軽にどうぞ