本ページはプロモーションが含まれています。

冬の低山にはチェーンスパイクがおすすめ!4本爪軽アイゼンとの違いを比較

チェーンスパイクと4本爪アイゼンの外観 アウトドア節約術

※本記事はプロモーションが含まれています。

寒さが厳しくなり、山々が雪に覆われる冬の季節。

低山であっても冬の雪山は一味違った、非日常を味わうことができる魅力があります。

今回は登山歴10年以上の私が、冬の低山ハイクに必須のアイテム、チェーンスパイクと軽アイゼン(4本爪)の違いについて、双方のメリット・デメリットを比較し、解説しています。

結論から先に伝えると、冬の低山ハイクであれば、軽アイゼン(4本爪)よりもチェーンスパイクの方がおすすめです。

 

初心者に雪山はハードルが高い!と考えている方も多いですが、冬の低山であれば、チェーンスパイクや冬用ウェアなどの装備があれば、初心者でも比較的簡単に雪山を楽しむことができます。

4本爪アイゼンとチェーンスパイク、どちらを購入しようか迷っている方、今年は雪山デビューしてみようかな?と考えている方におすすめの記事になっています。

是非この記事を読んでチャレンジしてみてくださいね。

この記事で分かること
・チェーンスパイクと4本爪アイゼンの違い
・チェーンスパイクのメリット・デメリット
・4本爪アイゼンのメリット・デメリット
・冬の低山にチェーンスパイクがおすすめな理由
・大阪府の耐寒登山の思い出

 

スポンサーリンク

チェーンスパイクとは?

登山靴に装着したチェーンスパイク外観

チェーンスパイクとは、雪や氷の上などを歩く際に、滑らずに歩くための道具のことです。爪の付いたチェーンを靴に取付けることで、その効果を発揮します。

言い方を変えると、靴に付けるタイヤチェーンです。

積雪量が少ない冬の低山や、雪道などに使用されます。

広義の意味では、チェーンスパイクも軽アイゼンの一種に含まれます。

 

チェーンスパイクのメリット

  • 装着が簡単
  • 軽量コンパクト
  • 歩きやすい
  • 運動靴にも装着可能
  • 安価

チェーンスパイクは、靴の上からゴムを被せるだけなので装着がとても簡単で、初心者でも迷うことなく装着できます。

両足ペアで300g程度と軽量で、比較的コンパクトに収納できるので、携帯にも便利です。

また、靴底全体に爪が付くので、普段と変わらない歩き方で歩けるのも魅力です。

そのほか、ソールの柔らかい3シーズン用の登山靴や、運動靴にも取付けが可能で、サイズ選びも簡単なため、初心者でも購入しやすいです。

運動靴に装着したチェーンスパイク

ネットショップでは安価に販売されています。

私はネットショップで購入した安価なチェーンスパイクも使用していますが、特に困ることなく使用できています。

 

チェーンスパイクのデメリット

  • 積雪量が多いと効きにくい
  • 雪玉が付着しやすい
  • 耐久性が低い

チェーンスパイクは爪が小さいため、積雪量が多いと爪の刺さりが悪く、グリップが効き難くなります。

加えて、爪の刺さりを悪化させる雪玉が靴底に付着しやすく、時々落としてやる必要があります。

雪玉が付いてグリップ力が弱まったチェーンスパイク

積雪量が多い山域にチャレンジする際は、6本爪以上のアイゼンが望ましいです。

そのほか、チェーン部分以外はゴムでできているため、軽アイゼンに比べて耐久性が劣ります。

私が使用している安価なチェーンスパイクは、10回程度の使用でゴムが伸びてしまい、歩行中に脱げてしまうようになりました。

 

スポンサーリンク

軽アイゼンとは?

軽アイゼンを装着した登山靴

軽アイゼンとは、雪や凍結のある登山道を滑らずに歩くための登山道具のことです。

金属製の爪が4~6本付いた簡易なものを軽アイゼンと呼び、8~12本の爪が付いたものをアイゼンと呼ぶことが多いです。

4本爪アイゼンは、軽アイゼンの中でも最も簡易なもので、簡易アイゼンと呼ぶこともあります。

4本爪アイゼンは6本爪と比べてグリップ力が弱い分、安価で軽量コンパクトなのが特徴です。

 

軽アイゼン(4本爪アイゼン)のメリット

ここでは軽アイゼンの中でも、4本爪アイゼンのメリットについて解説します。

  • 軽量コンパクト
  • グリップ力が強い
  • 雪玉が付きにくい
  • 安価

4本爪アイゼンは両足ペアで200g程度と軽量で、チェーンスパイクよりもコンパクトに収納できます。

携帯しやすいので、念の為にザックに入れておいたり、夏のアルプスなどの雪渓を歩く際にも便利です。

また、爪が大きいのでグリップ力が高く、靴底に雪玉も付き難いため、積雪量が多い場合に効果を発揮します。

チェーンスパイクに比べて爪が大きい4本爪アイゼン

写真は6本爪仕様のモンベルのコンパクトスノースパイク。

価格も安価なものが多く販売されており、雪山初心者にも購入しやすいです。

 

軽アイゼン(4本爪アイゼン)のデメリット

  • 歩きにくい
  • 斜面は苦手
  • ズレやすい

4本爪アイゼンは土踏まずのところに装着するので、とても歩きにくくなります。

爪が大きいので、積雪量が少ない場合や岩場などでは地面に刺さらず、カクカクしてとても歩きにくくなります。

また、土踏まずのところにしか爪がないので、斜面を登る場合、つま先に力を入れると滑ります。

4本爪アイゼンの上りの接地面

斜面を下るの場合も、踵部分に爪がないので、ベタ足で下る必要があります。

4本爪アイゼンの下りの接地面

また、4本爪アイゼンは足の甲部分に簡易的に装着するものが多く、歩いているとズレやすいです。

踵部分に引っかけて固定するので、踵部分の盛り上がりが無いような運動靴では、さらにズレやすくなります。

踵の引っ掛かりがない運動靴

上の写真のような運動靴では、後方にズレやすいので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

チェーンスパイクと軽アイゼン(4本爪アイゼン)の違いを比較

次にチェーンスパイクと軽アイゼン(4本爪アイゼン)を比較してみます。

  • 重量と携帯性
  • 販売価格
  • グリップ力
  • 歩きやすさ
  • 装着方法

重量と携帯性の比較

チェーンスパイクと軽アイゼンの収納サイズの比較

写真左側が4本爪アイゼン、右側がチェーンスパイクです。

重量(両足ペア)
・チェーンスパイク 300g程度
・4本爪アイゼン   200g程度 

どちらもコンパクトに収納できますが、4本爪アイゼンの方がチェーンスパイクに比べて、ひとまわり小さく収納できます。

また、重量も4本爪アイゼンの方が軽いです。

そのため、念の為に携帯するのであれば、軽アイゼン(4本爪アイゼン)方がメリットを感じやすいです。

 

販売価格の比較

販売価格
・チェーンスパイク  2000~7000円程度
・4本爪アイゼン   3000~4000円程度

チェーンスパイクは、安価なものでは2000円以下で購入できるものもあります。

ブラックダイヤモンドやモンベルなど、有名ブランドのものであれば、7000円前後で販売されており、価格にやや開きがあります。

有名ブランドのものは、前爪が付いていたり、耐久性が高いなどの違いがあります。

※あくまで主観ですが、積雪量の少ない冬の低山ハイクであれば、安価なチェーンスパイクでも問題なく使用できますし、初心者があえて高価なものを購入する必要はないと考えています。
安価なチェーンスパイク以上の性能を求めるのであれば、6本爪以上のアイゼンを購入した方がメリットが高いと考えます。

 

グリップ力(爪の大きさ)の比較

チェーンスパイクと4本爪アイゼンの爪の大きさの比較

写真左側がチェーンスパイク、右側が軽アイゼン(4本爪アイゼン)です。

4本爪アイゼンの爪の方が明らかに大きく、地面に刺さりやすいです。

そのため、積雪量が多い場合では、チェーンスパイクよりも軽アイゼン(4本爪アイゼン)の方がグリップ力が高いです。

チェーンスパイクと4本爪アイゼンの爪の範囲

ただし、前述したように、軽アイゼン(4本爪アイゼン)は足の裏全体に爪がないため、つま先部分や踵部分のグリップ力に関しては、チェーンスパイクの方が高いです。

積雪量が少ない場合の上り坂や下り坂では、チェーンスパイクの方が有利です。

 

歩きやすさの比較

チェーンスパイクと4本爪アイゼンの外観

軽アイゼン(4本爪アイゼン)は、舗装された道や岩場などは非常に歩きにくいです。

また、そういった所を歩くと、ズレたり外れたりしやすいです。

その点、チェーンスパイクは足裏全体に爪があるので、舗装された道や岩場でも比較的歩きやすいです。
※靴の形状によっては、チェーンスパイクでもズレます。

歩きやすさの比較では、圧倒的にチェーンスパイクが勝ります。

 

装着方法の比較

チェーンスパイクの付け方

チェーンスパイクはつま先部分に引っかけて、靴下を履くように装着します。

ゴムが硬いので、踵部分を入れる際に力が必要ですが、装着に迷うこともなく、比較的簡単に装着できます。

4本爪アイゼンのバックル

軽アイゼン(4本爪アイゼン)は、踵部分の引っ掛かりに合わせてから、1~2本のバンドで装着するものが多いです。

装着する際に、アイゼンの向きを間違えないように注意しましょう。

軽アイゼン(4本爪アイゼン)も簡単に装着できますが、物によっては登山前にバンドの長さを調節(余った部分をカット)しておく必要があります。

装着のしやすさでは、チェーンスパイクの方が勝りますが、慣れてしまえばどちらとも甲乙つけがたいです。

 

スポンサーリンク

冬の低山(雪山)ハイクにはチェーンスパイクがおすすめな理由

ここまで、チェーンスパイクと軽アイゼン(4本爪アイゼン)の違いを伝えてきましたが、冒頭でも伝えたように、冬の低山ハイクにはチェーンスパイクの方がおすすめです。

理由
軽アイゼン(4本爪アイゼン)は、そのメリットを活かせる場面が少ないから。

軽アイゼン(4本爪アイゼン)が、チェーンスパイクよりも優れている点は、
携帯性が高いこと
積雪量の多いときのグリップ力が高いこと
の2点でしたね。

携帯性に関して、チェーンスパイクや軽アイゼンは、登山開始から装着することが多く、軽アイゼン(4本爪アイゼン)のメリットは少なく感じますし、そもそもチェーンスパイクとの差があまり無く、チェーンスパイクのメリットを考えれば我慢できる差です。

グリップ力に関しては、整備された登山道を登る冬の低山ハイクでは、先行者のトレースが付いていることが多いです。

急坂の道7合目付近の積雪

登山道は踏み固められているため、チェーンスパイクの爪でも十分なことが多いです。
※低山でも例外があります。

また、積雪量が多く、チェーンスパイクでは危ないと感じるような雪山では、そもそも4本爪アイゼンよりも6本爪以上や、本格的なアイゼンが望ましいです。

軽アイゼン(4本爪アイゼン)は、夏の高山(雪渓、残雪)に行く際の携帯に便利です。

初心者におすすめのチェーンスパイクは、ネットショップで販売されている安価なものです。

安価なものを購入する際は、クチコミを確認することをお忘れなく。

 

スポンサーリンク

大阪府の冬の耐寒登山(金剛登山)について

話が脱線しますが、私の住む大阪府では、ひと昔前まで小学校で耐寒登山という、集団で雪山に登る授業がありました。

冬の金剛山に4本爪アイゼンを付けて登り、山頂で冷え切った弁当を食べるという、何とも過酷な行事でした。

冬の金剛山頂

服装も現在のような速乾性の高い化繊のウェアではなく、綿の体操服でした。

汗冷えを防ぐために、登る前に背中にタオルを入れて、山頂で抜き取るという作業がありましたが、登っている最中に背中のタオルが下の方までズレ落ちて、ほぼ意味なしだったのを憶えています。

大阪府堺市出身のモンベルの創業者、辰野勇氏も、このことについて語っておられます。
※当時は4本爪アイゼンすら無く、藁を靴に巻き付けて登っていたとのこと。

辰野氏は身体が弱かったため、残念ながら耐寒登山には参加できなかったとのことです。

耐寒登山のせいか分かりませんが、現在でも冬の金剛山では4本爪アイゼンを選択する方が多い印象です。

今はチェーンスパイクという便利なアイテムが安価に販売されていますが、他の地域ではどうなんでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

他にも登山に関する記事を書いていますので、合わせて読んで頂けると嬉しいです。

【金剛山】初心者も満喫できるハイキングコース!寺谷ルートを解説。
金剛山初心者向けに特におすすめのハイキングコース、寺谷ルートを紹介しています。山頂までの距離が短いため、体力に自信のない初心者でも楽しむことができるます。沢沿いを登るコースで、四季折々の草花やアスレチック感覚も存分に味わえます。この記事ではアクセス情報から適切な装備まで詳しく解説しています。

 

質問、コメントお気軽にどうぞ