AI Nikkor 28mm f/2.8S スパーインテグレーテッドコーティング比較

カメラ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ニコンAI28mm/f2.8sの新旧コーティング比較を行いました。

この記事で分かること
AI Nikkor 28mm/f2.8sの魅力
マルチコーティングの画像
スーパーインテグレーテッドコーティングの画像
新旧の比較

名玉といわれるAI Nikkor 28mm/f2.8S

ニコンのマニュアルレンズAI28mm2.8S

1981年から2019年まで販売された超ロングセラーの名玉といわれるレンズです。

ニッコール千夜一夜物語第五十七夜でも紹介されています。

近距離補正方式を採用しており、最短撮影距離20㎝まで寄れるこのレンズは、一本でスナップ撮影から簡易マクロ撮影まで可能です。

マニュアルレンズならではのピントリングの操作感もたまりません。

 

ロングセラーの為、時代により施されているコーティングに違いがあります。

2005年までのコーティングはマルチコートが採用されていますが、2006年からは非公式ですがニコンスーパーインテグレーテッドコーティングが採用されているようです。

ロットナンバーは2005年モデルまでが635073~837751番

2006年以降が900001~になっているようです。

 

現行では廃盤になっている為、中古品でしか手に入りませんが2006年以降は玉数が非常に少なく手に入れることが困難なようです。

 

今回、新旧ともに手にいれることができたのでコーティングによる違いがどのようなものか比べてみました。

 

外観の違い

AI28mm2.8Sコーティング

左が旧タイプ、右が新タイプです。

コーティングの発色が明らかに違います。

旧タイプは青色がかった発色で新タイプや緑がかった発色をしています。

 

外観はまったく同じです。

ヘリコイドは旧タイプの方がやや重いですが、経年劣化によるものと考えられます。

 

AI28mm2.8S新

AI28mm2.8S旧

AI28mm2.8S後玉

後玉も写真ではわかりづらいですが発色に違いがあります。

 

AI28mm2.8S重さ

当たり前ですが重さは新旧ともに同じでした。

 

AI Nikkor 28mm f/2.8S 新旧撮り比べ

気になるのはコーティングによる違いがどの程度のものなのか?

逆光での撮影

sic開放

sic開放

 

mc開放

 

両方ともフレアー、ゴーストともに派手にでています。

 

SIC絞り11

 

mc絞り11

絞った場合もゴースト、フレアーともにでています。

中央のゴーストの色がsicはオレンジ系、mcは青色系の色ですね。

sicに比べmcの方がややコントラストが低下しているでしょうか?

sicの方が空の青がやや濃い気がします。

 

サイド光

 

sic開放

 

mc開放

 

sic絞り11

 

mc絞り11

両方とも絞った場合の方が中央にゴーストがでています。

個人的にはあまり違いがないように感じますがどうでしょうか?

 

順光

sic開放

 

mc開放

 

sic絞り11

 

mc絞り11

順光ではさらに違いがわかりにくいです。

ニコン スパーインテグレーテッドコーティング比較のまとめ

今回、新旧コーティングの違いを比較してみましたが、素人目にはそこまでの違いは感じられませんでした。

比較のやり方が悪かったのかもしれません。

 

ただ、実用的に撮影を楽しむ上では新旧を気にするほどではないと考えます。

 

私の場合、クローズアップレンズやワイドコンバーターを携帯しマクロ撮影からスナップ撮影まで気軽に楽しめるレンズとしてとても気に入っています。

ニコン28mm f/2.8Sとワイドコンバーター、クローズアップレンズ
格安の一眼レフカメラ歴10年以上のまんちゃんです。 よろしくお願いします。 名玉といわれるai nikkor 28mm f2.8sにワイドコンバーターとクローズアップレンズを取り付けて撮影してみました。 小さくて携帯性の良いこのレ...

 

人気レンズの為、中古品もあまり見かけませんが、おすすめのレンズですので是非機会があれば使用してみて下さい。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




 

コメント