本ページはプロモーションが含まれています。

ファミリー旅行の費用を節約。お得に楽しむ我が家の宿泊方法。

我が家の生活術

本ページはプロモーションを含みます。

今回はファミリー旅行の費用を節約して、お得に楽しむ我が家の宿泊方法の紹介です。

我が家は夫婦と小学生の子供2人の4人家族。

正直、お金がないのに旅行が大好きで、毎年3回は旅行に出かけています。

小学生の子供がいるので、基本的に子供の春休み、夏休み、冬休みに旅行に行きます。

そのほか、6月~10月の週末にはキャンプに行っています。

移動は基本的に自家用車です。

この記事で分かること
・楽天トラベルクーポンの利用方法
・湯快リゾートの利用方法
・ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)の利用方法
・ファミリー旅行におすすめな日程
 
スポンサーリンク

ファミリー旅行の宿泊費用を節約には?

我が家のおこなっている、お得に宿泊する方法や、節約方法を紹介します。

  • 楽天スーパーセールのクーポンを利用する
  • 湯快リゾートを利用する
  • 旅籠屋(はたごや)を利用する

楽天トラベルクーポンを利用

楽天スーパーセールで配布されるクーポンを利用します。

対象施設は限られますが、かなりお得に宿泊できます。

3月、6月、12月のスーパーセールは、春休み、夏休み、冬休みの予約に最適です。

 

スーパーセール開始1時間までと3時間までで使用できる楽天トラベルクーポンは、35000円以上の旅行で使用できる10000円割引クーポン等、超お得です。

しかも他のクーポンとも併用が可能です。

こちらは伊勢に行った際の我が家の宿泊代金です。

家族4人で25680円。

申し訳なくなるほど安いです。

スーパーセールクーポンは開始1時間や3時間限定で配布枚数も決まっているので事前準備が必要です。
10000円クーポンは開始30分程度で終了してしまう場合もあるので、宿泊先は事前に決めておきましょう。
楽天トラベルクーポン、一度チェックしてみて下さい↓

 

湯快リゾートを利用

楽天トラベルでも予約可能ですが、クーポンやポイント利用しなければ公式ホームページでの予約が最安値保証です。

スーパーセールのクーポンは対象外ですが、そもそもの宿泊費用が10000円前後と安いです。

湯快リゾートのホームページはこちらから

 

湯快リゾートのメリット

  • 宿泊費用が安い
  • 子供が喜ぶ
  • チェックアウトが遅い

宿泊費用が安い

家族4人、平日を含めれば一人10000円前後と他の旅館などに比べて安いです。

期間限定プランや公式メール会員限定プランを利用すればさらにお得に宿泊できます。

子供が喜ぶ

大満足とは言い切れないバイキング料理ですが、チョコレートフォンデュや綿あめ、アイスクリームなど子供は大喜びです。

子供用の浴衣が数種類から選べて楽しいです。

無料の卓球やカラオケなどもあり、チェックインしてからも十分楽しめます。

その他、ご当地限定の体験プランなどもあります。

 

チェックアウトが遅い

チェックアウト時間が12時となっており、朝がとてもゆっくり過ごせます。

朝風呂にゆっくり浸かる。

周辺を散策したり、お土産を買いに行ったりできます。

小さい子供がいる場合は特に嬉しいですね。

湯快リゾートのレビュー記事はこちら↓

山中温泉にGo to対象の高速道路周遊パスを利用して行ってみた。
Go toトラベル対象になる、高速道路周遊パスを利用して我が家初となるGo toトラベルに行ってきました。 行先は福井県の恐竜博物館、石川県にある山中温泉です。高速道路周遊パスの使い方と恐竜博物館、山中温泉の魅力、我が家の節約旅行が伝わる内容となっています。

 

湯快リゾートのデメリット

  • 子供料金が高い
  • 土日の予約が取れない
  • 連休・休日は割高
  • JAFの優待は終了

子供料金が高い
大人料金より小学生1320円引き、幼児(3歳以上)が1430円と、通常の旅館やホテルなどと比べてやや割高なのが難点です。
プランや宿泊日によっても変わるので、詳しくは予約サイトを確認してくださいね。

バイキングプラン 
中学生大人料金
小学生大人料金-1320円
幼児(3歳以上)大人料金-1430円
3歳以下無料

4歳児でも10000円近くの宿泊費が必要なのは、親としは避けたくなります。

後述する旅籠屋は旅館ではないですが、我が家の旅行にはかかせない宿の一つです。

土日の予約が取れない
土日はかなり前から予約しておかなければ取れません。
メール会員になれば先行予約できます。

休日や連休は割高
昔は均一料金だったので大変お得に宿泊できましたが、現在は日により価格が変動します。夏休みなどの連休は、予約が取りにくい上に価格も高いので、ちょっと考えてしまします。

JAFの優待は終了
公式サイトで予約の場合はJAF優待サービスもありましたが、2023年3月で終了しました。

ファミリーロッジ旅籠屋の利用

ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)は全国に70店舗展開するフランチャイズチェーンで、1泊朝食付のロードサイドホテルです。

我が家の一押しホテルとなります。

「楽天トラベル」や「じゃらんnet」で予約可能です。

 

旅籠屋はスーパーセールのクーポンは対象外ですが、そもそもの宿泊料金が安いです。

朝食はパンやコーヒーなどの無料サービスがあります。

旅籠屋(はたごや)のメリット
・料金が安い
・子育て世代にピッタリ
・観光地に近い
・自家用車移動に便利
デメリットは場所によっては予約が取りにくいことです。

宿泊料金が安い

宿泊料金は家族4人で一部屋10000円~と安いです。

未就学児は無料なのも子育て世代には嬉しいですね。


ファミリーロッジ旅籠屋の料金表
クリックで拡大できます。

旅籠屋公式ホームページより引用

宿泊地により宿泊料金が違うので、詳しくは公式ホームページで確認してくださいね。

夕食は無しですが宿泊費用が安いので、外食でちょっぴり贅沢もできます。

我が家では、宿泊地周辺のご当地グルメを食べたり、連泊する場合はファミレスやスーパーのお惣菜で済ませる場合もあります。

子育て世代にピッタリ

部屋、ベッド

部屋の大きさは25㎡と家族4人で十分な広さです。

クイーンサイズベッドが2台あり、こちらも家族4人で十分寝ることができます。

冷蔵庫もあります。

浴室

ちゃんと使える浴室があります。

旅籠屋のお風呂はトイレとは別になった、セパレートの広めの浴室があります。

ちゃんとお湯を張って、湯舟につかることができるので、旅の疲れを癒すことができます。

小さな子供がいる家庭にとっても嬉しいですね。

旅籠屋のセパレートタイプのお風呂

アメニティ

歯ブラシや髭剃りは無料ですが、タオルやスリッパなどは有料です。

チェックイン、アウト時間

チェックイン 15時~

チェックアウト 11時

チェックアウトが11時とやや遅めなのも嬉しいです。

条件付きですがペットの同宿も可能です。

観光地に近い

宿泊地にもよりますが、旅籠屋は観光地に近いことが多いです。

我が家は三重県のナガシマスパーランドや、鳥取県の境港に行った際に利用しました。

レジャー施設に行く場合は高いホテルに宿泊しても、どうせ疲れて寝るだけなので、このようなファミリー向けの安価なホテルはとてもありがたいです。

自家用車の移動に便利

ロードサイドホテルというだけあって、高速道路や幹線道路の近くに建っており、とても便利です。

ホテルの駐車場から部屋までの距離も近く、車を降りてからすぐに荷物を下ろせます。

幹線道路から近いので、飲食に困ることもありません。

旅籠屋のホームページはこちらから

連泊はキャンプを絡める

2泊や3泊する場合、宿泊代金を節約する目的でキャンプをからめる場合もあります。

キャンプのメリット
・宿泊費用が安い
・キャンプも楽しめる

単純に宿泊費用が節約できるので、その分、食事やレジャーなどに費用を掛けることができます。

アウトドア好きなファミリーはキャンプも楽しめて一石二鳥です。

信州や北海道など、観光とキャンプ両方楽しむのもアリですよ。

キャンプのデメリット
・設営、撤収がしんどい
・雨だと悲惨
・荷物が多くなる
・観光地から遠い

設営、撤収がしんどい

設営、撤収がついてくるので疲れます。

一泊で観光とキャンプを行うのは無謀です。

我が家ではポップアップテントを使用、食事は外食にするなど、少しでも疲労を軽減します。

 

雨撤収が悲惨

テント泊を初日に持ってきた場合、雨撤収した残骸を残りの旅行中、ずっと持って移動することになって悲惨です。

安いバンガローを利用できると良いですね。

 

荷物が多くなる、観光地から遠い

キャンプ道具を積むので小さい車では正直厳しいです。

また、キャンプ場は観光地から遠いことが多く、移動に時間がかかります。

 
スポンサーリンク

ファミリー旅行は平日を含めるとお得

我が家は、夏休みなどの子供が平日に休める日に旅行を計画します。

サラリーマン家庭なので、なかなか平日に休みを取ることは難しいですが、

有給などを利用して、金曜日、土曜日の2泊や日曜日、月曜日の2泊に設定することが多いです。

また、学校の参観日の代休や創立記念日などを利用することもあります。

平日を含めるメリット

平日をからめるメリット
・宿代が安くなる。
・レジャー施設が空いている。
・道路が空いている

平日を含めると宿代が安くなります。

平日のレジャー施設は春休みや夏休みであっても土日よりは混雑していません。

道も空いているので時間短縮にも繋がります。

 

平日を含めた旅行の場合、

混雑が予測される施設へは平日に行き、その他の観光は休日に行きます。

観光は休日の方がイベント開催などがあり、楽しい場合が多いです。

平日を含めるデメリット

デメリット
・高速道路代金が高い
・イベント開催がない
・施設が休み

高速道路を多用する場合、休日割引が適用されない平日は交通費が高くなります。

宿泊費用が安くなっても交通費が高くなっては意味がないので、行先によっては土日を選択する場合があります。

平日はイベントの開催が少なく、月曜日は施設自体が休みの所も多いです。

事前の確認は必須となります。

 

交通費に関しては、高速道路周遊パスを利用することが多いです。
高速道路の乗り放題チケットで、平日でもかなりお得になります。
高速道路周遊パスの紹介はこちらの記事↓
 

 

スポンサーリンク

ファミリー旅行の費用を節約のまとめ

日程は平日をからめるとお得
・高速道路料金が高くなるので注意
・開催イベントや施設が休みの場合あり
 
我が家の宿泊方法
・楽天スーパーセールのクーポンで予約
・湯快リゾートを利用
・旅籠屋(はたごや)を利用
・バンガローやテント泊を利用

 

今回は我が家のお得に楽しむ宿泊方法の紹介でした。

特に旅籠屋は小さいお子様がいる家庭におすすめです。

お風呂にも入れやすいし、車にも近い。

コンビニやスーパーも近くにあることが多いので、ゆったりと過ごせました。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。他にも旅行費用を節約する方法を記事にしていますので、合わせて読んで頂けると嬉しいです。

お出かけ費用を節約。クーポンでお得に楽しむ我が家のレジャー計画。
我が家は私、妻、小学生の2人の4人家族。 子供も大きくなり、旅行費用を圧迫してきています。今回はそんな我が家が実践している「お出かけ費用を節約してお得に楽しむレジャー計画」を紹介したいと思います。旅行や日帰りのお出かけに使えるクーポンや高速道路周遊パスの紹介をしています。

 

質問、コメントお気軽にどうぞ