中古の安い一眼レフカメラがおすすめ。綺麗に撮影できます。

雑記

今回はデジタル一眼レフカメラ歴15年以上の私がおすすめするカメラの紹介です。

 

私は節約家なので、使用しているカメラやレンズは安物ばかりです。
この記事をご覧いただくことで、格安カメラでも十分であることが理解できる内容になっております。

 

子育て世代のサラリーマンの年収では、デジタル一眼カメラは高価な買い物。

高価なカメラは手が届かないけど、子供の写真を綺麗に残してあげたいと思われる方は多いですよね。

 

 

お子様に良い写真を少しでも多く残して頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク

中古の安いデジタル一眼レフカメラで十分

初心者の方は最新のデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼に注目してしまいますが、使い方次第では古いデジタル一眼レフカメラでも現役で十分活躍できるのです。

 

 

 

 

これらの写真はすべて安価な一眼レフカメラで撮影したものです。

カメラ本体の価格は中古で約10000円程度です。

 

普通に綺麗に撮れているのではないでしょうか。

特に私のカメラ技術が優れているわけではありません。(多少の知識はありますが)

 

一眼レフカメラの場合、カメラ自体は2000年代でほぼ完成の域に達していると思います。

例えば、スマホでもiPhone6とiPhone10で出来ることにそこまで差はありますか?

ネット検索したり電話やメールを送ったり、ほとんど変わりませんよね。

それと同じです。

 

 

では新しい物と古い物でなにが違うのかを解説していきます。

 

七五三の前撮り 扇子

 

スポンサーリンク

古い一眼レフカメラのメリット

 

1.十分綺麗に撮れる
2.低価格で購入できる
3.初心者には必要十分な機能がそろっている
4.画素数が低い
 

1.十分綺麗に撮れる

「最新の高いカメラの方が綺麗にとれるのでは?」と思われがちですが、古いデジタル一眼レフカメラでも十分綺麗に撮れます。

後述しますが、最新のカメラの方がチャンスを逃し難いと言えます。

予算のある方は最新のデジタル一眼カメラを検討しても良いかもしれません。

 

逆に「今持っているコンパクトデジタルカメラやスマホのカメラではダメなの?」と思うかもしれませんが、

デジタル一眼レフカメラは色の諧調が豊で、背景も綺麗にボケるため、上の写真のように被写体が浮かび上がるように撮影できます。

 

七五三のような記念写真は一生ものなので、綺麗に撮って残しておきたいですよね。

デジタル一眼レフカメラを使用すれば、プロが撮ったようにとまではいきませんが、素人でもかなり綺麗に撮ることができます。

 

 

2.低価格で購入できる

費用を抑えたいのに「デジタル一眼レフカメラを購入すると高くつくんじゃないの?」

と感じると思います。

 

デジタル一眼レフカメラも上を見たらきりがないですが、子供の記念写真で使用するカメラは中古の安いカメラで十分です。

十年以上前の機種であれば低価格で購入可能です。

 

 

一眼「レフ」カメラというのがポイントです。ミラーレス一眼でも構いませんが、古いミラーレス一眼はオートフォーカスなどの機能が一眼レフカメラよりも劣っている部分が多いのであまりおすすめしません。ミラーレス一眼を選択するのであれば比較的新しいものになるため、やや高価になります。
 

 

3.初心者には必要十分な機能がそろっている

多彩な撮影モードがあり、オートモードでの撮影やシャッタースピード、絞りを自分で調節して撮影することができます。

スローシンクロや長時間露光、RAWモードでの記録なども可能で、初心者には少し勉強が必要なほどです。

 

4.画素数が低い

メリットでもあり、デメリットでもありますが、あえてメリットの方に書かせて頂きます。

600万画素~1200万画素でも十分に現役で活躍できます。
普通に写真を撮るだけなら画素数はほとんど関係ありません。

 

トリミング(カットして拡大)する場合には不利ですが、初心者ではむしろパソコンにサクサク取り込めて、画像編集も早いです。

 

低スペックのパソコンでも負担が少ないので、古いパソコンでも対応できます。

 

画素数が多いほど高画質と思ってしまいますが、実際写真の画質は撮像素子(昔で言うフィルムに当たる部分)が大きいほど高画質になります。

一概には言えませんが、撮像素子の大きさの順番は、

スマホ < コンパクトデジタルカメラ < デジタル一眼カメラ <フルサイズデジタル一眼カメラ

の順番になり、一般的にもっとも高画質な写真が撮れるのはフルサイズのデジタル一眼カメラになります。

 

スポンサーリンク

古いデジタル一眼レフカメラのデメリット

今後も現役で使用する場合、最新機種と比べて古さを感じる所を紹介します。

 

1.連射性能が低い
2.オートフォーカス性能が低い
3.暗所性能が低い
4.ミラーレス一眼に比べると大きい
 

1.連射性能が低い

遅い物では約2.5コマ/秒です。

最新のデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼が10コマ/秒程度なので、さすがに遅いと言わざるを得ません。

小さい子供の撮影や運動会の撮影など、素早く動くものの撮影は最新機種に比べて苦手です。

 

置きピン(狙った所にピントを置いて、狙い撃ちする方法)などのテクニックを使ってカバーしましょう。

 

よくスマホなどで何十連射みたいなスペックがありますが、あれは画質を落として連射しているので比較できません。

 

 

2.オートフォーカス性能が低い

最新のミラーレス一眼では、ピントを合わせる測距点といわれるポイントが約500もあり、画面のどこでもピントを合わせることができるます。

対して古いデジタル一眼レフカメラは、少ない物で画面の中央付近に3点あるのみ。

しかも動体の追尾性能、連射性能の悪さも相まって、動いている物を追尾しながらの撮影は苦手です。(ピンボケ写真を量産しますが、できない分けではありません。)

 

動き回る被写体を撮る場合は最新機種が有利です。
逆にいうと、止まっている被写体を撮る場合は古いカメラでも十分通用するということです。

 

3.暗所性能が低い

カメラには高感度性能というものがありまして、暗い場所でも感度を上げることで手振れすることなく撮影が可能です。

ただし、感度を上げることで画質が悪くなってしまいます。

最新のデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼は古いデジタル一眼レフカメラの5倍以上の感度設定ができ、さらに画質劣化も少ないです。

 

しかしながら、最新機種であっても暗い所での高感度撮影は画質が劣化することに変わりありません。

そこで、

古いデジタル一眼レフでは高感度撮影を避けるために外付けフラッシュ(スピードライト)を使用します。

 

こうすることで、外付けフラッシュを使用していない最新機種よりも画質良く撮影することができます。

 

4.ミラーレス一眼に比べて大きい

 

ミラーレス一眼は使うレンズの種類にもよりますが、ショルダーバッグに入るくらい小さいです。

一眼レフカメラの場合、構造上確実に大きくなってしまいます。

重量も高価な一眼レフカメラは重たいです。

 

 

スポンサーリンク

具体的にどんなカメラを購入するの?

あくまで参考ですが、2007年以降に製造されたデジタル一眼レフカメラで、レンズ付きで20000円程度のものであれば現役で活躍してくれます。

具体的にはキヤノンのEOS Kiss X2やニコンのⅮ40、Ⅾ90などです。

どのメーカーでも同じような機種が販売されています。

 

当時私の使用していたカメラはニコンのD40というデジタル一眼レフカメラです。

中古品はではレンズ付きで15000円程度で購入できます。
600万画素ですがA3以上の大きさにプリントしたり、大きくトリミングしたりしない限り必要十分です。

 

連射機能や暗所機能などは現行モデルにはおよびませんが、屋外で七五三などの写真撮影をするのであれば問題なく使用できます。

 

動いている子供を撮る場合は、頑張って腕を磨きましょう。

 

最近では2000年代のフラッグシップモデル(ニコンⅮ300など)も、カメラ本体が15000円程度で購入できます。
連射性能やオートフォーカス性能が優れているこちらのモデルもおススメです。

 

スポンサーリンク

子供の撮影に必要なレンズとは?

カメラに付属の標準ズームレンズがあれば撮影が可能です。

明るい単焦点レンズや望遠レンズがあれば、さらに撮影の幅が広がります。

一眼レフカメラはレンズ交換が可能なのもメリットの一つです。

標準ズームレンズ

レンズは18mm~55mmのズームレンズがあれば大丈夫です。
カメラ本体に付属で販売されていたもので、中古品でもカメラボディと一緒に販売されていることも多いです。

 

屋内などで手振れを軽減してくれる手振れ補正付きのレンズが望ましいですが、なくても撮影できます。

 

明るい単焦点レンズ

上記に加え少し高価にはなりますが、35mm程度の単焦点レンズがあれば、撮影の幅がさら広がります。

 

高画質で背景がボケやすく、明るいので室内での撮影にも役立ちます。
中古品で10000円程度です。
 
 

 

キヤノンでは50mmになりますがもう少し安価に購入できます。

 

 

 

 
標準ズームだけでも十分撮影は可能です。
 

望遠ズームレンズ

標準ズームレンズだけでは、運動会やお遊戯会などでお子様に近づけない場合に撮影の幅が狭まります。

そこで200mm~300mm程度の望遠ズームレンズがあれば安心して撮影ができます。

小学校の運動会では手振れ補正付きの300mmが欲しい所です。
中古で13000円程度です。
 
望遠ズーム
 

 
 
 
 
 
スポンサーリンク

どこで購入するの?

カメラのキタムラなどの店舗や、楽天、amazonなどのネットショップで程度の良い物を購入しましょう。

 

大切なことですが、初心者の方はメルカリなどのフリマサイトでの購入はおすすめしません。

フリマアプリは商品の程度が素人判断で分かりにくいですし、カメラショップよりも高く売っている物もたくさんあります。保障もないものが多いです。

 

中には本当にお得な商品もあるのですが、初心者の方が見分けるのは困難です。

 

私も時々フリマで購入しますが、本当にお得な商品は数分で売れてしまいます。

 

フリマサイトでの購入はやめておきましょう。もし購入するのであれば詳しい人に相談しましょう。
七五三の前撮り 腕
 
スポンサーリンク

まとめ

古いデジタル一眼レフカメラでも高画質で背景がボケた綺麗な写真が撮れる。

安い中古の一眼レフでも十分実用的で、今後も七五三撮影や旅行などにも使用できる。

動いている子供や屋内などの暗い場所での撮影は苦手で、練習や外付けフラッシュが必要。

レンズは標準ズームがあれば十分(手振れ補正付きが望ましい)だが、単焦点レンズがあれば撮影の幅が広がる。

購入は中古品を販売している店舗やネットショップで、程度の良い物を選ぶ。

 

コストパフォーマンスが良い中古の古いデジタル一眼レフカメラ。ぜひ検討してはいかがでしょうか?




 

ブログ村のランキングに参加しています。
ポチッと押して頂けると順位が上がるので嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

質問、コメントお気軽にどうぞ