手料理や小物の写真の撮り方。初心者でも綺麗に撮れます。

カメラ

こんにちは。

一眼レフカメラ歴15年以上のまんちゃんです。

よろしくお願いします。

 

今日は手料理や小物の写真を簡単、綺麗に撮る方法を紹介したいと思います。

専門的な機材は使わず、自宅にある物を利用しての節約撮影です。

プロが撮ったとまでは行きませんが、似た方法で自宅でも綺麗に撮れるので是非参考にして下さい。

 

この記事をご覧頂くことで、初心者でも自宅でできる、テーブルフォトの撮り方が分かる内容となっています。是非最後までご覧ください。

撮影の為に準備するもの

プロカメラマンは物を撮影する時に様々な道具を使用します。

ストロボ(ライト)やレフ板等、高価な機材もありますが、私が使用しているのはすべて家にあるものです。

生活感があってすみません。

(準備するもの)

  1. テーブルクロス
  2. 卓上ライト
  3. 簡易レフ板
  4. クッキングシート(トレーシングペーパー)
  5. 花、小物など

テーブルクロス

手料理や小物写真の見栄えを良くする為に必要です。

明るくふんわり撮影したいときは、白や水色、ピンクなどをチョイス。

シャープにキリッと撮影したいときは黒や茶色などをチョイスします。

 

今回は白系の色をチョイスしました。

ランチョンマットなどでも良いと思います。

卓上ライト

写真を撮る上で光は非常に重要です。

卓上ライトで光を加えることで見栄えが良くなります。

 

卓上ライトの光の色(色温度)は、

柔らかく、ふんわり撮りたい → 電球色

くっきり、シャープに撮りたい → 昼白色

上記の組み合わせがオススメですが、どちらでも大丈夫です。

 

光の強さは卓上ライトの距離で調節します。

簡易レフ板

卓上ライトの光を反射させる為に使用します。

作り方は簡単。

下敷きや段ボール等に片面はアルミテープ、もう片面は白紙を貼ります。

アルミホイールで代用しても良いです。

自立するように二枚折りにしています。

私の物は10年くらい使用してくたびれていますが、まだまだ現役続行です。

 

光の反射が強く欲しい時はアルミ側を使用し、弱くて良い場合は白紙側を使用します。

クッキングシート

卓上ライトの光を拡散する為に使用します。

意外と重要です。

本当はトレーシングペーパーですが、クッキングシートで代用します。

直射では光が強すぎて影が出やすいので、クッキングシートで拡散して和らげます。

このように卓上ライトにテープで貼ります。

青矢印のように電球から距離をとれるようにたるませて貼るのが拡散させるコツです。

 

花や洋本、英字新聞など

さらに花や洋本、英字新聞などがあれば見栄えが良くなります。

西洋料理やスイーツの場合はコーヒーカップやバケットなどがあれば良いですね。

無くても撮影はできますが、意外と重要です。

今回はバラの花を使用しました。

カメラは2006年発売のニコンⅮ40です。

中古で1万5000円程度です。

使用するカメラ

カメラはできれば一眼カメラが望ましいです。

スマホカメラでも撮影はできますが、一眼カメラの方が綺麗に撮影できます。

15年前の激安中古一眼レフカメラ > 最新高級スマホ

 

別の記事でも解説していますが、まだまだスマホカメラより格安一眼の方が綺麗に撮れます。

中古の安い一眼レフカメラがおすすめ。綺麗に撮影できます。
今回はデジタル一眼レフカメラ歴15年以上の私がおすすめするカメラの紹介です。 私は節約家なので、使用しているカメラやレンズは安物ばかりです。 この記事をご覧いただくことで、格安カメラでも十分であることが理解できる内容になっております...

2030年くらいになればスマホカメラの方が上かもしれませんね。

 

私の使用している楽天モバイルの格安スマホでは正直、テーブルフォトは厳しいです。

格安スマホを使用している方は格安一眼の購入をおすすめします。

 

設置の仕方

テーブルクロスを敷いた机の上に被写体を置きます。

 

写真の位置に卓上ライト、レフ板を設置します。

青矢印の方から撮影します。

黄色矢印が光の回り具合です。

 

物を撮影する時の基本は逆光です。

撮影する方と逆方向から卓上ライトを当てます。

すると直接光が当たらない手前側に影がでますので、

それをレフ板でおこす(消す)のです。

影が強い場合は卓上ライトを遠ざたり、レフ板で調整します。

部屋はカーテンを開けて照明はできるだけ明るくします。
被写体に直射日光は当ててはいけません。

写真の撮り方

今回はコンビニスイーツを例に撮影してみました。

安価な一眼レフカメラでの撮影例

このような感じになります。

逆光から光をあてることによって、被写体に艶が出て綺麗に撮れます。

手前に影が残っていますが、個人的には十分です。

 

格安スマホで撮影例

一眼カメラと違って、背景がボケにくいです。

本当はスマホカメラでも綺麗に撮れます!って書くつもりでした。

格安スマホカメラは正直言って厳しいです。

実質タダのスマホに文句を言ってはいけません。

 

そもそもレンズが広角のみで構図がほぼ真上からになってしまいます。
(横からでは部屋が映り込んでしまう)

レンズの選択ができるスマホではもう少し良い写真が撮れると思います。

 

カメラの設定

レンズの選択

一眼カメラの場合はセットになっているレンズで十分。

クローズアップレンズや明るい単焦点レンズがあれば最高です。

クローズアップレンズは安価(1000円程度)ですので是非検討してみて下さい。

標準ズームレンズで超広角とマクロ撮影を楽しむアタッチメント
今日は一眼レフカメラを購入した時に付属している、標準ズームレンズに使用できるアタッチメントの紹介です。 この記事をご覧いただくことで、高価な広角レンズやマクロレンズを購入しなくても、付属の標準ズームレンズでお手軽に超広角やマクロ撮影を...

 

スマホカメラの場合は、写真例のようにアップで撮れるレンズを選択します。

標準か望遠レンズになると思います。

撮影モード

一眼カメラやコンパクトデジタルカメラの場合は、撮影モードを「花」にします。

「風景」や「人」ではなく「花」です。

単焦点レンズを使用している場合は「A」モードでF値を2.8程度にします。

 

スマホカメラの場合も同じで、

撮影モードを「花」に設定します。

なければ「人」です。

「風景」はダメです。

iPhoneを使用している方はポートレートモードを使用します。
(深度コントロールができるやつです。)

 

内臓フラッシュは一切使用しません。「花」モードで発光するのであれば、発光禁止にするか、「A」モードでF値(絞り値)を最小にするとよいです。

手料理や小物は縦構図が基本

日の丸構図は×。

横構図でも良いですが、存在感を出すには縦構図がおすすめです。

まず存在感を出すために、画面中央より下にメインの被写体を入れます。

画面中央より上の空いた空間にサブの花とコーヒーカップを入れるようにします。

線の交わる所に配置するとバランスの良い構図になります。

やや斜め上から思い切って近づいてアップで撮ります。

全部画面に入れようとせず、

お皿やコーヒーカップは大きくカットしても大丈夫です。

ライトやレフ板無しで撮影した場合

このシステムを組まずに撮影した場合との差を見ていきます。

卓上ライト無し

卓上ライトで照らさなかった場合はこのような感じになります。

艶も余りなく、なんだか寂しい感じです。

レフ板のあり、無し

レフ板無し

レフ板無しではシュークリームの手前に大きく影が出ていますね。

レフ板あり

レフ板を設置することで、手前の影が薄くなっています。

 

まとめ

初心者でも簡単に手料理や小物を撮影できる。
自宅にある物で簡単にテーブルフォトシステムを組むことができます。
 
準備する物は、
テーブルクロス、卓上ライト、簡易レフ板、クッキングシート、
花などの小物
 
テーブルフォトは逆光。
柔らかい光を逆光から当てて、それをレフ板で反射させるのが基本です。
 
手料理や小物写真の構図は縦が基本。
日の丸構図にならないように、メインは画面下、上には小物を配置する。

 

今回紹介した撮影方法はアクセサリー等の小物や食器など色々な撮影に使用できます。

メルカリなどのフリマサイト等に出品する場合など、綺麗に撮影できていた方が売り上げに繋がりますよね。

お金もかからず、節約して撮影できるのでおすすめです。

是非チャレンジしてみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

ブログのランキングに参加しています。
リンクボタンをポチッと押して頂けるとブログランキングのサイトに飛び、順位が上がるので嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

 

コメント